徳島県南端 海陽町に行く

2016年05月09日 00:00

四国でも徳島県は 我々山口県人にはあまり馴染みがない県ではありますが
地図を見て まだ踏破していなかったJR牟岐線に乗って 
徳島県南端の海陽町海部まで行ってみました。



徳島以南に足を踏み入れるのは初めて、JR牟岐線の終着駅 海部まで乗りますが 
約80㎞もあるので「特急むろと」号を利用します。
但し沿線で市制を施行するのは小松島 阿南だけなので 特急は僅か3往復しかありません。
JR四国の主要路線は高速化改良が進んでいますが 牟岐線は未だで 
特急用車両もキハ185系の短編成(2両)です。





那賀川を渡る鉄橋からの風景



阿南市の阿南駅を過ぎるとローカル色濃厚となり 乗客も一気に少なくなります。





牟岐線は所々で太平洋を望むことが出来「阿波室戸シーサイドライン」の愛称が付けられています。







特急は牟岐に到着 牟岐線はかつてはここが終着駅で
「特急むろと」号の運転も牟岐まででした。この先の海部までは普通列車に乗換です。



牟岐線は昭和48年に 牟岐~海部間が延伸したのです。
本来は高知県の室戸を経て 高知方面とを結ぶ計画だったようですが
さすがに遠大な計画だけに頓挫してしまったようで 
現在は第三セクターの鉄道が 高知県の入口である高知県東洋町の甲浦駅まで結びます。 



海部駅に到着しました。相対式ホーム2面2線を有する高架駅です。



昭和48年に開設された駅だけに 比較的新しい感じのする駅で
高架下の駅舎には、海陽町観光案内所があります。
実は海部駅からは 高知県の東洋町の甲浦駅まで 阿佐海岸鉄道が延伸していますが
JRではないので乗車は断念しました。



海部駅北側の牟岐線上に 鉄道ファン仲間では有名な 町内(まちうち)トンネルが見えます。
このトンネルは当初は山を貫いていましたが、宅地開発などで山が切り崩された結果、
現在のような 構造物のみのトンネルとなり 一躍有名になりました。

海部駅ではレンタサイクルもあり、1日200円で利用可能です。
駅を出ると 周囲は個人経営の店舗が点在し、その東には神社や漁港があります。



海陽町は平成の大合併で 海部郡の海南町、海部町、宍喰町が一緒になったもので
ここは旧海部町の主邑だっただけに 海部川の南側に小さな漁港町が開けています。



「ピア海部」というスーパー

海辺まで散策をしてみました。



海部川の河口付近。
この付近は10フィートの波が立つというので、サーフィン場所としても名高いとか...。



碧い海










鞆奥港
南国らしい温暖な気候からくる緩やかな雰囲気が いたる所に漂っています。
漁船を見ると やはり沿岸漁業が中心のようで、
ブリ、アジ、イワシ、スズキ、ヒラメなどの漁獲が多いとか。

鞆奥という地名は 鞆浦と奥浦という両地区を総称して呼んだ地名なようで



 海岸部に位置する 歴史が古い漁村集落が鞆浦。



 国道や海部駅のある付近が奥浦。



海運の衰退と鉄道路線の開通によって 海部町の中心も鞆浦から奥浦へ移行した感があります。



鞆奥港に行く途中には、阿南室戸歴史文化道があり、
「みせ造り」と云われる 赴きのある町並みが残ります。
太平洋に面した漁港だけに 家屋には板壁が多く漆喰は殆どありません。



藩政時代には ここから木材、木炭、茶、和紙、椎茸などを大坂へ積み出したようです。
雑然と建て込んだ漁師町らしい佇まいに 歴史を感じます。



古い町並みといった感じの旧家が並んでいます。ひっそりとした静かな漁村です。


《藤守商店》伊勢海老 中(200...

《藤守商店》伊勢海老 中(200...
価格:5,400円(税込、送料別)







全室オーシャンビューの客室、天然温泉の大浴場、地元の食材を使ったお料理が自慢のふれあいの宿です。海部駅より徒歩にて15分

四国の清流、海部川の瀬音が聞こえる宿。天然鮎・あめご料理が自慢。

南欧風のおしゃれなリゾートホテルです。

遠浅の白いビーチと深い緑の山々に囲まれて、敷地は5000坪。客室はすべてセミスイートタイプ。

予土線・トロッコ列車の旅

2016年04月09日 00:00



全国のJR線区には さまざまな個性ある路線がありますが
皆さんは トロッコ列車を利用した経験はあるでしょうか?

車好きであり 鉄道好きである私は 西日本のJR線区の大半は踏破しましたが
いわゆる企画列車の類は 本業の休日とダイヤが上手く噛み合わず 殆ど利用した事がなかったのです。
殊に トロッコ列車が運転されるような線区は 辺境に位置し、(失礼)
過疎ダイヤでもある事実から 今回のトロッコ列車の旅が 生涯初めての利用となりました。



四国南西部 伊予(愛媛県宇和島)と土佐(高知県窪川)を結ぶのが 予土線。
沿線に名だたる観光地や大きな町はなく 典型的な赤字ローカル線である事が分かります。
路線距離76.3km、輸送量の少ない全線非電化の単線で 特急列車の運転は皆無です。 

そんな中で 日本最後の清流・四万十川に沿って走る路線である事から
昭和59年 日本で最初にトロッコ列車が運行されるようになりました。
以来、春から秋にかけて「清流しまんと号」・「清涼しまんと」・「四万十トロッコ」・「しまんトロッコ」などの名称で 運転されています。

トロッコ列車の運転歴が長いという事は 
経験も豊かで 観光案内も手馴れていると期待して(^^)
高知県の窪川駅から 予土線「しまんトロッコ」号に乗ってきました。











車両は日本初の元祖トロッコ列車となるトラ45000形で、無蓋貨車を改造したもの。
気動車に連結されて予土線を走ります。
路線距離76.3kmを2時間半かけて走るのですから 
“時間を預けてスローな旅を愉しむ”というスタンスで 乗り込むべきでしょうね。



予土線は日本最後の清流・四万十川に沿って走る路線である事から、
「しまんとグリーンライン」の愛称が与えられています。



「しまんトロッコ」号
トロッコ車内にはテーブルと座席を設置。席は40席。
JR九州などの車両デザインを手掛ける水戸岡鋭治さんによってリニューアルされています。



【「しまんトロッコ」号】 動画でもお楽しみ頂けます。

列車内は 職員が沿線の観光案内を行い 車内を和やかに盛り上げて下さいました。
 




パンフレットも用意され この辺り JR四国の力瘤を感じさせてくれます。







「しまんトロッコ」号は 乗車券だけでなく座席指定券が必要です。
(座席の空席状況は JR四国公式サイトで確認できます)
予土線界隈にはみどりの窓口が存在する駅は 窪川と宇和島だけなので
宇和島以遠の松山方面に 特急乗り換えで利用される場合は 車内で特急券など購入する事になります。



清流・四万十川は大きく蛇行するのですが 
それに対し予土線の線路はトンネルと橋で一直線に進むため、
幾度も四万十川を串刺しにするように渡る事になり 
左右の車窓に川の流れを楽しむことができます。



それというのもこの予土線は 北宇和島~江川崎は昭和28年の開通ですが
江川崎~窪川は昭和49年の開通で カーブの少ない高規格路線になっているからです。
したがって窪川~江川崎までは 快調な走りを見せてくれました。

ちなみに予土線が開通するまで 四万十川を沿って走るバスで窪川~江川崎に3時間要していたとの事で、
それを予土線は55分に短縮して繋いでいます。
赤字ローカル線の廃止に前に 考えておきたい事がありますよね。



非常に眺めの良い絶景が続き、この区間では写真を撮る人も多かったです。



ところで 四万十川が 何故日本最後の清流と呼ばれるのか?!
本流に いまだに大規模なダムが建設されていない事と、
河川法上で旧来は 渡川が正式名称だったものが 
平成6年7月25日に「四万十川」と改名され 一級河川の名称変更はこれが初めてだったので
この川が「日本最後の清流」として、全国的に有名となり認知されているからだそうです。



四国第一の川といえば 吉野川を思い浮かべる人が多いと思いますが
四国最長の川は実は四万十川なのです(全長196㎞)



国道よりも少し高い位置を走っている所が多いです。



沈下橋と川、そして周囲の山並みの醸すのどかな景観は、四万十川の代名詞といえましょう。
沈下橋は本流だけでも22本と沢山あり 高知県では生活文化遺産として保存する方針のようですが 



台風などで崩壊寸前の橋もあるなど
まさにここは辺境の地だけに 手つかずのままが残されているという感じ...。









「しまんトロッコ」号の運転は 高知県最後の駅・江川崎までとなり
それ以北はトロッコが取り外され 単行気動車のみの形で 宇和島まで向かいます



江川崎以北は 軽便鉄道であった名残から低規格で非常にカーブが多く、
この区間の列車は極度に低速で運転されており 思わず眠くなってしまいました(笑)



宇和島に到着しました。
ド田舎ばかりを走ってきたから一寸した都会に見えます。

予土線トロッコ列車の旅、列車のワイドな車窓を楽しめて
車内を爽やかな風が吹き抜けるのにも大いに満足できました。
欲をいえば 列車内にトイレがあれば便利かもしれませんね。










亀居城趾の桜

2016年04月02日 14:06





広島県大竹市の亀居城趾でお花見をしました。







亀居城趾は広島城の支城として1603年(慶長8)に築城を始め、
1608年(慶長13)に完成しました。







1600年の関ヶ原の戦いの後に、安芸国を与えられた福島正則が
長門国・周防国に減封された毛利氏への押さえとして、
山陽道を城内に取り入れて造られました。





この城が亀居城と称されたのは城地が亀の伏した形に似ていたからだそうです。
但し武将の福島正則に対する幕府の圧力は厳しく、
完成間もない1611(慶長16)にこの城は取り壊されてしましました。









城地はそのまま荒れるに任され 草木に埋もれていたのですが
昭和52年に発掘調査がされて以降 徐々に修復が進み
亀居公園として整備されました。



現在は亀居公園として桜名所にもなっています。



標高88メートルの山上に築かれた平山城で、
築城当時は本丸、二の丸、三の丸、有の丸等の郭を備え、
江戸時代の資料によると 面積は10ヘクタールに及んだようです。

現在は海から多少離れた位置にあるが、
築城当時は海に面して港を備え、山陽道を城内に取り込む構造となっていたようです。



桜を見ながら散策するには 天守閣の石垣が残り遊歩道が造られています。
大竹市出身の有名作詞家・石本美由紀の歌碑・記念碑が建てられ、
「詩の坂道」と呼ばれています。


広島県大竹市新町1-8-11
宮島口駅まで電車で20分。錦帯橋はお車で15分。個室でも低価格なのでビジネスや観光の為の拠点にお勧め。無線LAN一部可。

高知市の日曜市

2016年03月10日 00:00



日本国内には街路市が存在する所が幾つかありますが
私が その開催規模の大きさで最も印象に残ったのは 
やはり高知市追手筋で開催される日曜市でしょうか...。



こちらの日曜市は朝だけの朝市ではなく、日の出から日没まで終日開かれる街路市で、
約500店もの店が 高知市追手筋の全長約1.3kmにわたり、軒を並べます。
日曜日に高知市を訪問する機会があったので 早速のぞいてみました。



元禄3年(1690年)以来,300年以上の歴史を持つ土佐の日曜市は
年末年始とよさこい祭り期間を除く毎週日曜日のみの開催で、
春夏は午前5時から午後6時まで,秋冬は午前5時30分から午後5時まで。
もちろん 年間を通して日曜日以外に開催することはありません。



高知産の新鮮な野菜や果物,金物,打ち刃物,植木なども売られており,
高知市民と高知県外からの観光客で 1日に約1万5千人が訪れます。



会場となる追手筋は 高知城から高知の中心部を東西に走る通りで
西側に高知のシンボル・高知城、東側は高知最大の料飲街エリアですから
宿泊施設からのアクセスも良い 中心街の一等地といえると思います。



高知を代表する四方竹・生姜・トマトなどの野菜や、
土佐文旦・新高梨などの果物、しらす・ちりめんじゃこ・干物などの海産物、
そのほか高知産食材をふんだんに使った田舎寿司、餅、いも天、
ひやしあめ、レモン水、どんぐり飴、うどん、はしまき、串焼き、
草花、骨董品、日用雑貨まで 高知の特産品・名産品が並んでおり
高知の美味しい食材はたいていが 手に入れる事が可能です。

しかも新鮮で美味しい食材が 安価に入手できるので
全国各地から観光バスが集い、旅行誌やグルメ誌でも取り上げられるなど、
観光名所として広く知られるようになったのです。



代々、出店権利を受け継いで店を出している人が多いとの事で
出店場所は決まっており 出品者の名札がぶら下がっています。
伝統ある市場だけに、食材の安心、安全を重視する姿勢で
素姓の分からぬ新参者が出店するには ハードルが高いかもしれませんネ。

店先を見て歩くだけでも楽しい。
高知弁が飛び交う中で 買い物のやりとりをすると
旅気分を感じられて 良い思い出になるのではないでしょうか...。



日没まで開催されていますが 新鮮な良い物を探すならやはり午前中でしょうネ。

高知市では日曜市だけでなく、その他の場所でも各曜日に街路市が開催されています。
火曜市(上町4-5丁目)、木曜市(県庁前)、金曜市(愛宕町1丁目)がありますが
こちらの日曜市は 最も出店数と訪問客が多いとの事。



高知は人口30万の中都市ですが 街路市の店の数には圧倒されました。
全国各地に似たような市はあると思いますが、
ここまでに規模が大きく、多種多彩な物が販売されている街路市は存在しないと思います。

地元に密着し、市民の生活に根付いた街路市、
本当に高知って羨ましいナと感じました。








繁華街の中心。日曜市も目の前でひろめ市場高知城も近く★無料朝食&ウェルカムドリンク付★Wi-Fi無料★Tポイントも貯まる

■日曜市・繁華街に近くの好立地♪■WI-FI無料接続■得旅キャンペーン毎月継続!参画中■

◆高知出張はリッチモンドへ ◆Wi-Fi無料 ◆テレビのサイズは全部屋40型以上の液晶テレビをご用意しております

久々に湯布院へ

2016年02月09日 00:00



青春18きっぷを利用して 息子と湯布院に行ってきました。



小倉から日田彦山線 日田で久大本線の普通列車に乗り換えて湯布院へ..
ただし、JRの駅名は湯布院ではなく由布院と書きます。
元来このエリアが、由布岳の麓に開けた由布院、
さらに大分方面に下った所にある湯平 
由布院と湯平が合併して 旧湯布院町が誕生したからのようです。



駅舎も 礼拝堂をイメージしたものと云われる黒い木造で味があります
(世界的建築家・磯崎新の設計)



駅前の通りから眺める 雪の由布岳の山容も素晴らしいですよね。



全国屈指の温泉街として栄える湯布院の町を ここから金鱗湖まで散策しました。



由布院駅から温泉街の方向に延びるのが「由布見通り」、



そこから金鱗湖に続くのが「湯の坪街道」で ここが湯布院のメインストリートとなっており
洒落た雑貨屋やレストランが並び、周辺には各種の美術館が点在しています



駅から金鱗湖までは徒歩30分。スイーツのお店や地元野菜を使ったレストラン、
工芸品やオリジナルグッズを販売するお店などあり 退屈しません。
土日曜日は 軽井沢銀座を思わせるほどに 観光客の人通りも多く 
この付近の商業地の地価は 10坪月30万で
大分県では すでに大分市 別府市に次いで高くなっているとか...





湯の坪街道の中ほどにある 湯の坪横丁
江戸時代の番屋を偲ばせる雰囲気で、情緒豊かな店構えが軒を連ねます。



湯布院温泉は すぐ後ろに聳える由布岳(火山:標高1,584m)の恵みを受けた豊富な湯量を誇ります。
しかしその歴史は浅く、今のような軽井沢銀座を思わせるような観光地になったのは
実は1980年代末期になってからなのです。



それ以前は鄙びた温泉で 団体観光客向けの大型ホテルや歓楽街は無く
鉄道の高速化や大分自動車道の開通に伴って、湯布院も脚光を浴びるようになり
今のような湯布院になったのです。



厳しい開発規制により高層の巨大旅館・ホテルは皆無で、田園的な名残を残しています。
昭和の大規模温泉街に見られるような ネオンサインの煌くような歓楽性を一切排しており、
風俗店も無い事から 清潔な温泉街として知られるようになり
さらに音楽祭 映画祭の開催や、美術館を誘致したことで
知的で高貴な温泉町としての印象も高まり 女性に非常に人気が高い温泉地になりました。



若い女性たちが 福岡天神と大して変わらない格好で散策する湯布院



女性受けしそうなお土産店やレストランも多彩です、ただ夜の閉店は比較的早い時間なので注意!。



湯布院フローラルビレッジ
イギリスのコッツウォルズ地方をイメージして作ったもので 
お土産店にアリスインワンダーランドや、ピーターラビットのお店も.....。



湯布院フローラルビレッジ
イングリッシュガーデンの他、時が止まったかのような町のたたずまいがここには有ります。







湯布院は お土産店こそ湯の坪通りに密集していますが 
宿泊施設は 実は賑やかな町並みから外れた周辺の川端や林の間、丘の上などに点在しています。
その理由は 湯量が豊富で広い範囲で湯が湧くので、
旅館が一箇所に集積する必要が少なかったからなのです。
そのため一軒の敷地も 他の温泉に較べて比較的広く、町の造りもゆったりとした印象を与えます。



歩くには距離もあることから 観光客の中にはレンタサイクルや馬車、人力車で移動する方もいて
それがまた湯布院観光に強いインパクトを与えるのでしょう...。
人が口コミで人を呼ぶ... その典型だと感じました。





湯布院はアートの街としても知られ 
湯布院の閑静なイメージが美術鑑賞にも合致していると感じます。



湯布院 夢 美術館
館内撮影は禁止のため 入口のみの撮影です。



温泉街の一番奥に位置する 金鱗湖周辺まで歩いてきました。









湯布院のご当地グルメもあるようですが、湯の坪横丁でポピュラーなメニューを堪能(^^)


 
豊富な湯量のお陰なのか 安価に入浴できる共同温泉も幾つか点在しています。
冬の湯布院の町を散策して 体が冷えた事もあり 
最後はもちろん温泉に浸かって身体を暖めました。



忘れずにお土産も購入しました。



湯布院も行く度に観光客が増えており 
進出するのも外部資本ばかりだとも云われるようですが
町の通りから眺める由布岳の山容は相変わらず素晴らしい 
と思いながら この町を後にしました。


★直前予約P10倍保証★国内外の三ツ星ホテルで活躍したシェフによる絶品のフレンチ、温泉やリゾートスパのある英国風ホテル

☆ヨーロッパの田舎にある小さなホテルのような趣で、館内も可愛らしい色調でまとめられ、 客室はシングルを含む全12室☆

楽天アワード2010金賞2011銀賞2012ダブル受賞4年連続7回受賞☆お客様の声☆5つ「また来たい」の声エリアNO1

【2012年旅行のプロが選んだ5ツ星認定宿】約1万坪の自然あふれる敷地に露天風呂付き離れ客室を配す贅沢をご堪能下さい