世界遺産・斎場御嶽を訪ねて

2016年11月05日 00:00



沖縄の聖地とされるパワースポット「斎場御嶽(せーふぁうたき)」を訪ねました。
世界遺産になった聖地だけに ここは本当に力を感じる場所でした。



沖縄県南城市知念字久手堅の 国道331号線に沿って行けば 
斎場御嶽入口に 南城市観光案内所と南城市地域物産館の建物があります。 
ここで入場券を購入し 車を停め置いて 斎場御嶽に400mほど歩いて向かうシステムとなります。

15世紀-16世紀の琉球王国・尚真王時代の御嶽であるとされ、
「せーふぁ」は最高位を意味するので 斎場御嶽は最高の御嶽という意味となります。
国家の最高神職である聞得大君が管理し、
その中で最大の行事が「お新下り」と呼ばれる聞得大君の就任式でした。
元来は男子禁制の場で、琉球国王ですら聖域内に入る時は 女性用衣装に着替えたと伝えられています。



御嶽内へ入る参道
石畳の道は滑りやすく、雨の日はもっと滑りやすいので
歩きやすい運動靴 スニーカーで訪問するのが無難です。
周囲の森林は 沖縄戦での戦災を逃れたので 沖縄本島では優れた森林の一つに挙げられていますが
艦砲弾の着弾跡が一つあり それは見学道中見ることが出来ます。



中には、六つの神域がありますが。
その中で 大庫理・寄満・三庫理は、首里城内にある建物や部屋と同名です。
当時の首里城と斎場御嶽との間に大きな関わりがあったのでしょうね。 


大庫理(ウフグーイ)
御門口から登っていくと左手に見える最初の拝所です。
大庫理は大広間や一番座という意味があります。



寄満(ユインチ)
寄満は「台所」との意味があります、
当時の琉球王国は南蛮貿易で交易品が集まったのでしょう。
豊穣が満ち満ちた所とも解釈されています。



三庫理(サングーイ)
二本の鍾乳石と、三角形の空間の突き当たり部分は、それぞれ拝所となっています。











東側には海の彼方に 神の島といわれる久高島を望むことができます。



琉球王国時代、国家的な祭事には聖なる白砂を 沖合に浮かぶ神の島といわれる久高島から運び入れ、
それを御嶽全体に敷きつめました。



斎場御嶽は、琉球国王や聞得大君の聖地巡拝の行事を今に伝える「東御廻り」の参拝地として、
その信仰はその後も絶えることなく続いており、現在も多くの人々から崇拝されています。



聖地というのは、そこにあるすべてが調和している場所だと聞き及んでいましたが
実際に訪れると、青々と樹々が茂る静かな空間と 時折り吹き抜ける風の中で、聖地であることを体感できました。
樹々の隙間から差し込む日光は心地良く、神の気配さえ感じさせてくれます。



神に包まれる場所であり、感謝を捧げる場所....
ここでしかできない祈りを捧げたいですね。 



2007年7月1日より観覧が有料化されており 緑の館・セーファに入館してから観覧する形になっています。
(入場券は現地ではなく、駐車場近くで販売されているので直接行かないように注意下さい)

近年では来訪者の増加と 聖地としての静寂さを確保して
マナー向上や自然保護を考慮する機会を設けるために
年2回の一定期間の休息日(旧暦5月1日~3日と旧暦10月1日~3日)を設けているようです。
地元・南城市では、文化財保護を図るため男子禁制をを検討しているようなので 行きたい人はお早めに...。




那覇空港から車で約40分、太平洋を一望できる天然温泉もあり、緑に囲まれた高台にあるホテル。





恋の島・古宇利島

2016年10月06日 00:00



沖縄本島・わるみ大橋の付け根にある駐車場から撮影 古宇利島を望む



沖縄でも指折りの絶景スポット・古宇利島へ行きました。
沖縄本島を北上して 今帰仁村の古宇利島へ... 本島から橋で渡れる離島です
沖縄本島→屋我地島→古宇利島と車で進んで行きました。



古宇利大橋
今帰仁村の古宇利島と名護市の屋我地島を結ぶ 長さが1960mの橋で
通行は無料です。(平成17年2月8日開通)
屋我地島と古宇利島間を古宇利大橋で結ばれているので車で行くことができる離島です。



沖縄本島北部の今帰仁村にある古宇利島は半径約1Km、周囲が約8Kmの島で
車で一周するのに約10分位です。

古宇利島周辺の海の綺麗さは沖縄本島でもトップクラス。
まるで海の上を走っているような気分を味わえます。



橋から見る海は 水面に太陽の光が輝いて まるで映画のワンシーンの様でした。



島内は 古民家の集落や、サトウキビ畑があるなど 沖縄らしい長閑な原風景が残っています。
古宇利大橋の開通後、島に多くの観光客や地元の人で賑わうようになり
観光施設、飲食店や宿泊施設も充実するようになりました。
古宇利島側の橋の付け根の下にも 美しいビーチがあります。



古宇利オーシャンタワー
2013年11月にオープンした古宇利オーシャンタワーは、
古宇利島の海抜82mからの絶景を楽しむことができるスポットです。



自動で動くカートで展望台まで移動します。
カート内に音声案内機能が付いており、古宇利島の観光案内をしてくれます。
ハンドルはありますが自動で動くので ハンドル操作不要です。



行きはかなり迂回して古宇利島の景色を楽しませながら、ゆっくり登っていきます。



カートからの景色も綺麗で カートが走る道筋には椰子の木やハイビスカス



さらには滝も流れており 南国気分を盛り上げてくれます。



展望台に近づくと、古宇利島周辺に広がるエメラルドグリーンのきれいな海が見えてきます。



カートに乗って5分後にタワーの入口に到着。タワー&シェルミュージアムに入ります。



シェルミュージアムには世界の貝を展示していますが 何とその数は1万点以上!
普段見ることのできない珍しい貝や、色鮮やかな貝などを展示しており 見応えがありました。



タワーには2F、3F、4Fの屋上に展望フロアがあります。



3Fの展望フロア



タワーにある展望台からは エメラルドグリーンの美しい海や古宇利大橋を一望できます。


【古宇利オーシャンタワーからの絶景を動画でお楽しみ頂けます】



屋上には「恋の鐘」があったり 解放感がありますが 
風で帽子などを飛ばされないように!。



上からの景色は息を飲むほどの絶景。
晴れた日で 太陽が真上にある昼の時間帯が 海が綺麗なのでお勧めです。



タワー内では 古宇利島の南瓜を使ったクロワッサンやシュークリームが食べられます
これがまた美味い!



北側の景色で、きれいな海が見えます。

最初に入場券が800円と聞き 高いなと思うかもしれませんが
自動のカートで美しい風景を見ながら移動し、貝のミュージアムで鑑賞し、タワーに登って絶景を見る、
沢山楽しめる要素があって この料金ならかえって安いと思えます。

後はカートに乗って駐車場へ戻りますが 短絡路を通るので帰りのカートの乗車時間は1分程です。
タワー内は売店も充実しており お土産物を買う際試食もできます。



古宇利島は古くから「恋の島」や「神の島」であるという伝承があります。
これは沖縄版「アダムとイブ」のような言い伝えが残っており、
「こうりじま」の語源が「恋島(くいじま)」だと言われているためです。
そのため、全国からカップルが訪れる島となっています。

小さな島ですので、レンタサイクルでゆっくりと散策するのも良いかもしれませんね。



古宇利島に1日1組限定のスイートルームが2棟誕生。それぞれ異なった場所に位置し、ここだけのロケーションを満喫!

古宇利大橋と古宇利ビーチを一望できるオーシャンビューのヴィラ。碧い海と静かな時を提供します。

古宇利の海は沖縄の中でも最高級の美しさ。宇望庵は海に臨むゲストル-ム(定員2人)。オール家具付き長期滞在にも最適。






ジーライオンミュージアム(大阪のクラシックカー博物館)を訪ねて

2016年09月06日 00:00



大阪に クラシックカー博物館が新たに出来たと聞き、早速行ってきました。





場所は大阪の湾岸エリア 大阪港に位置し 海遊館に近い所です。
大正12年に建てられたというレトロな雰囲気の赤煉瓦造りの倉庫に
世界中のクラシックカーが展示されていています。



その名称は「GLION MUSEUM(ジーライオンミュージアム)」。
入場料が、大人1,500円、小学生500円
入場料を払うと、大人1人分につき500円分のトークン(メダル)1枚が貰えます。
このトークン(メダル)は、館内で使えますが それについては後述します。





赤煉瓦造りの倉庫街は敷地面積も広く 3000坪もあります。



煉瓦倉庫街というロケーションも相まって雰囲気は抜群。



無造作に(車をさも自然に停めているように)クラシックカーが展示されている所がニクイ...。



個人的には 大阪のこのエリアは 戦後埋め立てされた地区という固定観念があったので
これ程までに 年季のある赤煉瓦建築が残され それが最近まで見落とされているのが意外でした。
これが神戸だったら すぐ観光資源にしがちですよね(^^)



屋外展示だけでなく 赤煉瓦の建物内にミュージアムは4棟あり
それは4つのヴィンテージゾーンに分かれています。
  ・ジーライオン ミュージアム
  ・ジーライオン ショールーム
  ・ジーライオン ステーキハウス(ハワイの名門ステーキハウスの姉妹店)
  ・ジーライオン カフェ









ニューヨークとロンドンの裏路地風を再現するため 館内の照明は暗くなっており、
スポットライトが当たったクラシックカーがズラリ展示されている様は もう雰囲気充分。





ここに展示されているクラシックカーは、普段私達がなかなか見ることが出来ない
貴重で格好良い車ばかりが厳選されています。



写真撮影も可で 写真のお勧め撮影スポットも床に記してあります。







車種で云えば フォードのTモデルから ベンツ ロールスロイス、ジャガー
アルファロメオ、フェラーリなどの有名外国車から
トヨタ2000GT スカG コスモスポーツ、ギャランGTO セリカGTなどのヴィンテージ国産車が
所狭しと並んでいます。

展示物を見るだけでなく、実際に触れ、爆音を響かせて走行もさせて貰えるので、
クルマ好きにはたまりません!。



またここが凄いのは、一部の車だけですが「往年の名車を動く状態」で販売もしている点で
商談をしている風景もちらほら垣間見えました。
※展示販売エリア(ジーライオン ショールーム)に関しては 写真撮影は禁止されています。
 また外に並んでいる車でも 「NO PHOTO」と記されている車も一部にあります。



入場料は大人1,500円で 最初は正直ちょっと高いと感じましたが 
500円トークン(メダル)が渡され
それで ヴィンテージカーに乗った姿を写真撮影して貰えますし 
写真に興味がなければ カーグッズ(上写真参照)の購入や、カフェの会計にも使えるので 
車ヲタクの私には それほど高いと感じませんでした。


【ジーライオンミュージアムを動画でお楽しみ頂けます】

昔のアルファスパイダーとか欲しくなってきましたネ(笑)



しかも こういう場所に来ると いつまでも観てるから 
「一人で来るに限るわー」と心底思いました。(上写真は私です(^^;))



もちろん館内には ショップも併設され
沢山の自動車道楽を満たすグッズも販売されています。







品揃えもマニアックですが 輸入キーホルダーとかシフトノブがあっても良かったかな(^^)。



さらにステーキハウスやカフェなども併設されていますが 
私は見学の最後に「カフェ1923」に入って カプチーノを飲みました。





店名の1923とは この赤煉瓦建築が出来た年のことで 
カフェの店内は カーミュージアム併設店らしい雰囲気が好ましく お勧めです。



近くには、海遊館や大観覧車、IKEAもあり、ファミリーでもデートでも楽しめます。
(公共交通機関でのアクセスは 大阪市地下鉄/中央線・大阪港で降りて南に徒歩5分)








琉球村を訪ねて

2016年08月07日 00:00



沖縄本島北部の恩納村にあるテーマパーク「琉球村」を訪ねました。

ここは昔から 沖縄のテーマパークの定番であり、
古き良き沖縄の姿をそっくりそのまま再現している観光名所です。
沖縄ビギナーという方は 是非行かれたら良いのではと思います。



入口を入って直ぐの所は 「沖縄の駅ちゃんぷるー」と呼ばれる無料エリアです。
屋根があるので雨でも安心して楽しめます。
無料エリアは、昔ながらの赤瓦屋根の家に昭和の時代を折衷させた 作り物的な感じはありますが
ここではお土産はもちろん、紅型の貸衣装を着て記念撮影もできるほか
フードコートにもなっており 食事を楽しむことも可能です。



観光が主要産業となっている沖縄県だけに
地酒などお土産もかなり充実している印象を受けました。



入場券を買って 琉球村の有料エリアに入りました。



有料エリアに入ると、
築約120年位の赤瓦の琉球伝統的古民家を 沖縄各地から移築保存して昔ながらの村を再現しただけに
家屋に作り物的な感じは全く無い重厚感がふんだんに漂います。





家々の幾つもが国登録有形文化財となっています。





この高倉が旧島袋家で国登録有形文化財・築約120年です、
1982年名護市羽地より移築した豪農屋敷ですが、
このような古い家を移築し 綺麗に再現させているのには感心しました。







村内は 赤煉瓦の屋根に魔よけのシーサーが立つ沖縄らしい古民家や 





製糖工場、窯場などが建っています。





時間がゆっくりと過ぎているように感じ、
どこからか沖縄の楽器である三線や太鼓の音が聞こえ、昔にタイムスリップしたかのようです。





カメラ好きで 沖縄らしい風景の写真撮影を短時間で集中的にしたいならば 
沖縄本島では琉球村がやはりイチオシでしょうね。





古民家の中は手作りの工房になっており、
琉球舞踊の衣裳に使われる紅型染色や藍染、織物、南蛮焼きの陶芸など
沖縄の伝統工芸体験もできるので 時間があれば体験してみるのも一興です。
(但し 織り上げた花織りや紅型のテーブルセンター、さらにシーサーの絵付けなど
 仕上げまでに3時間程度を要するコースも多いので 時間に余裕を持って....)



冬でもブーゲンビリアが咲き、南国の花が咲き誇る園内は、沖縄らしさに溢れます。





園内を散策すると起伏や池があり 景観的にも様々な彩りがあるので 退屈はしないはず...。





砂糖舎では昔ながらの製法を継承し 丸太を水牛に引かせてサトウキビの絞り汁にし、



それを小屋で煮詰めて撹拌、小さな容器に固めて販売しています。
(時間帯によっては見れない場合もありますので注意)



この他に、村内の一番奥側には、ハブセンターがあります。
沖縄本島をはじめとする琉球列島にはハブが棲息していますが
ハブのショーは 近年は動物愛護法によりハブとマングースを闘わせることはないようで、
子供から大人まで楽しめるような形でハブやマングース、他のヘビの説明をしてくれます



沖縄の伝統舞踊・エイサーの実演もあります。
琉球らしい衣裳を身に纏った若者たちが、エイサーの太鼓と音と踊りで 華やかに弾け
個人的には琉球村でこれが一番の見所だと感じました。
エイサーを楽しむならば 琉球村と同じような施設でおきなわワールドもありますが、
おきなわワールドは 都会・那覇のイケメンスタッフ比率が高い「ショー」といった感があり、
こちらの琉球村は地元のスタッフがやっている感があり 等身大の沖縄の若者を見届けられます(笑)。



最後は皆で両手をあげて踊りましょう! との呼び掛けがありますが
これもまた良い旅の思い出になると思います。



エイサー以外にも色々な舞踊や島唄ライフなどを行っており、楽しめると思います。


【琉球村の風景を動画でもお楽しみ頂けます】



ガジュマルの木の周りにも赤瓦屋根のお土産店があります。
琉球村の園内はどこをとっても絵になる風景!
やはりお土産はこんな風景の中で購入した方が良い思い出になるのでは....。









公共の交通機関で琉球村に行くには 那覇市内からだとバスでかなり時間を要すると思いますし
国頭郡恩納村山田という地区は 国道58号線から少し離れた本当に片田舎なので
やはりレンタカーの利用が得策だと思います。

住所
〒904-0416 沖縄県国頭郡恩納村山田1130

公式サイト
http://www.ryukyumura.co.jp/







A&W牧港店でルートビアとハンバーガー

2016年07月08日 00:00



沖縄県浦添市の国道58号線沿い 牧港の交差点にA&W牧港店があります。



ここは沖縄の米国統治時代からの ロードサイド型バーガーショップの元祖で、
マックの日本到来前から存在していました。
建物や中の雰囲気も古き良き1960年代のアメリカが感じられます。



そんな店が持つ雰囲気と ルートビアとハンバーガーを味わうべく 
このお店に立ち寄りました。



車で行って ドライブスルー利用も可能ですし、車で注文して車内で飲食も良いのですが
せっかくなので店内で飲食しました。



A&Wは米国のハンバーガーチェーンで 日本では沖縄でしか展開していません。
1919年に、ロイ・アレン(Roy Allen)が、カリフォルニア州ロディで、
ルートビアスタンドを開店したのが始まりです。



沖縄の人達はA&Wを「エンダー」と呼んでいるようですね。



ルートビア
ハーブ(14種類の薬草)入りノンアルコール炭酸飲料で 最初はサロンパス臭がありますが
すぐに慣れて癖になります。沖縄の温暖な気候だから合うのかもしれませんネ。





店内では キンキンに冷えたジョッキでのルートビアのお替わりは自由です(セルフサービス)



この店で最も高い「A&Wバーガー」650円 を注文。
ビーフ、トマト、レタス、オニオンリングそして濃厚なクリームチーズにペッパーポークが入った豪華版です。



ハンバーガー自体は意外にも大雑把というか薄味。 マックの方が味が濃いと感じます。
でもこれが本来の米国のハンバーガーの味なんでしょうネ?!





A&Wグッズ(Tシャツや帽子、キーホルダー)も 牧港店の店内で売られています。



当時の沖縄の人々にとっては ファストフードレストランは豊かなアメリカを思わせたのでしょう。
このダイナー風の造り... 沖縄A&WのHPにはドライブインの維持を求める声が多数寄せられるとか...。



日本初のファストフードレストラン「A&W」は、
米軍統治時代にやって来たアメリカ黄金期のアメリカ人が 
置き土産のように残していったのですが
沖縄人はそれを受容し、自らの生活文化に吸収し 取り入れたという訳ですね。

本土のファーストフード店ではおそらく無いと思われるドライブイン方式、
沖縄に観光旅行に行く際には是非行ってみて下さい。