江田島・海上自衛隊第一術科学校と幹部候補生学校(旧海軍兵学校)を見学

2012年01月28日 05:59



広島県江田島には、海上自衛隊第一術科学校と幹部候補生学校(旧海軍兵学校)があり、
一般の人でも 個人なら予約無し(当日の受付のみ)で見学する事が出来ます。

その昔は軍人を育成した「海軍兵学校」だったもので 
校舎や講堂など 諸々の施設は 大変な予算を継ぎ込んで造られていました。
100年以上の年月を経た現在も ほぼ当時そのままの姿を留め
威風堂々と佇んでいる構内の建物、よく手入れされた樹木や芝生、塵一つ無い校庭など
“秩序・規律をイメージする厳格な場所”という印象を誰もが受けると思います。



こちらの見学は 昭和35年から海上自衛隊の広報の一環として始まったもので、
延べ見学者数は、450万人(平成21年末現在)を数え、
年間約7万人が来訪する 江田島を代表するスポットとなっています。

それでは 江田島・海上自衛隊第一術科学校と幹部候補生学校(旧海軍兵学校)
訪問の記録を 文と写真で紹介しましょう。



開始時間の30~5分前に正門で受付を済ませ、時間まで江田島クラブ1階(上写真の見学者控室)で待つ事になっています。
私が行った日は平日で、見学開始時刻は13時でした。受付に12時30分に到着したのです

見学開始時刻
  月~金 10:30~
      13:00~
      15:00~の1日3回
  土日祝 10:00~
      11:00~
      13:00~
      15:00~の1日4回



通常の観光地と異なり 海上自衛隊の教育施設の一部を見学するというものなので。
見学者の安全確保、構内警備等の観点から、
案内人(海上自衛官OB)の引率による団体行動での見学となります。

見学所要時間は約1時間30分です。
歩行距離にして約1,200m 勾配などは全くありません。
見学途中でのお帰りは原則として禁止との事。



目の前に見えている古鷹山は 生徒を体力作りのために登山させる山で、
戦前は教官が棒を持って生徒をスパルタ教育で登山させていたそうです!....。



教育に専念できる好環境との意図で、海軍兵学校が東京・築地から広島県江田島に移転したのが明治21年。
米国のアナポリス、英国のダートマスと共に 世界三大兵学校として世界に数えられるようになり、
昭和20年の日本敗戦により歴史の幕を閉じるまで 数多くの海軍将校を世に送り出しました。
戦後しばらくは連合軍が進駐しましたが、昭和31年1月に返還され、
当時横須賀にあった術科学校が移転、その後昭和32年5月に幹部候補生学校が独立開校し、
昭和33年には第一術科学校に名称変更となり 現在に至っています。



大講堂
大正6年(1917年)の竣工です。山口県周南市の黒髪島の御影石を使っており(国会議事堂と同じく) 白く美しく輝いています。
屋根は銅でふいているので緑青色。



大講堂内部
建坪は約500坪 収容人員が2000名という事ですが、
マイクを使わなくても良いほどに、音響効果はよく考えられています。
儀式等がなければ内部も見学可能です。

入校式、卒業式、表彰式に使われます。
講堂内の天井はドーム型で 舵輪型のシャンデリアが設けられ 海軍兵学校時代には
天皇陛下の名代として宮様の臨席を仰いで  厳粛に入校式や卒業式がおこなわれたそうです。



昔日の壮麗な帝国海軍の面影を感じる事が出来ましたが 
連合軍は何と教会として使っていたそうです。 
荘厳で格式のある造りだっただけに 解る気もしますね。







大講堂を出ると、幹部候補生学校が目の前にあります。
幹部候補生学校、教育参考館などについては 3日後の当Blog記事にて紹介する予定です。




■【送料無料】江田島海軍兵学校/楽天ブックス
■【送料無料】海軍兵学校物語 あヽ江田島/楽天ブックス
■【送料無料】 今こそ知りたい江田島海軍兵学校 世界に通用する日本人を育てたエリート教育の原.../HMV ローソンホットステーション R
■【送料無料】海軍兵学校江田島教育/楽天ブックス
■上撰 同期の桜 1800ml江田島銘醸/MOAI
■【送料無料】 日本を愛した勇士たち 嗚呼海軍兵学校 / 「日本を愛した勇士たち」製作委員会 【.../HMV ローソンホットステーション R
■海辺の宿 えくぼ/楽天トラベル
タイプの異なる2棟をそれぞれ一軒貸切。酒持参&ペット同伴無料、たっぷりのお料理で格安、今時良心的すぎるお宿。
■サンビーチおきみ/楽天トラベル
瀬戸内海有数の夕日の眺望を客室、展望大浴場から楽しめる。
アットホームな接客と江田島牡蠣など新鮮な海の幸の料理が自慢。


関連記事