善通寺…弘法大師ゆかりの社寺

2011年11月09日 05:58



香川県善通寺市にある寺院 善通寺を訪ねました。
真言宗善通寺派総本山で。屏風浦五岳山誕生院と号する寺社で。本尊は薬師如来。
四国八十八箇所霊場の第七十五番札所、善通寺派の総本山となっています。



総面積約45,000平方メートルに及ぶ広大な境内を持ち
「伽藍」と称される東院、「誕生院」と称される西院の 東西に分かれています。
善通寺は一年を通じて拝観が可能で 境内に入るための拝観料は不要ですが
一部施設では入場料等が必要です。
(宝物殿や戒壇めぐり(大人500円,小・中学生300円)などあります)
拝観時間は午前8時~午後5時ですが 受付は午後4時30分に終了です。



東院は創建時以来の寺域であり 金堂、五重塔などが建ち並んでいます、
東院の塀の内側に立ち並んでいる五百羅漢も圧巻です。







2006年に創建1200年の記念事業があり、境内もあちこち改修されたとの事で
綺麗に整備されていました。



五重塔は高さ45.5m。
高さでは京都東寺の塔(約57m)には及びませんが
ステッチを施したような白が全体を引き締めており 気品があります。



広くて立派な寺社 大楠の木の存在が相俟って
悠久の歴史の中でゆったりとした空気が流れていると感じます。



仁王門の向こう側が大師堂。
門から向こうが「西院」と呼ばれるエリア、
手前が「東院」と呼ばれるエリアです。









西院 御影堂を中心とする「誕生院」はその名の通り 弘法大師が御誕生された佐伯家の邸宅地にあたり
空海生誕地とされるエリアです。
京都の東寺、和歌山の高野山と並ぶ弘法大師三大霊跡の一つとして
多くの人から篤い信仰を集めてきました。







実は江戸時代まで、善通寺(東院)と誕生院は それぞれに住職をおく別々の寺社でしたが、
明治時代に至り善通寺として一つのお寺となりました。



空海(弘法大師)は善通寺市の出身ですが
平安時代初頭の807年 真言宗開祖空海の父で地元の豪族だった佐伯善通から
土地の寄進を受け大同2年(807年)に建立が始まり 弘仁4年(813年)に創建されました。

寺号は 父の名前である佐伯善通から付けられて
空海の入唐中の師だった恵果が居住していた長安の青龍寺を模していて
創建時は、金堂・大塔・講堂など15の堂宇があったと云われています。



山号の五岳山は、香色山・筆山・我拝師山・中山・火上山の5山の麓にある事から
付けられました
中世には足利氏、近世には高松松平家や丸亀京極家の庇護を受け
大いに栄えた模様です。

明治の新しい世の中になると 善通寺には帝国陸軍の師団が置かれ
現在もその名残りなのか 陸上自衛隊善通寺駐屯地があります。
市制を施行したのは1950年代半ばでしたが 寺名を呼称する市名だけに
この寺社が大きな存在だった事が分ります。



空海が生まれた町としての歴史がそうさせるのでしょうか 
決して広くない市域に 四国八十八箇所が5霊場も存在しています。



香川県の観光地といえば金毘羅山があまりにもメジャーで
ここ善通寺に足を延ばす人は少数派と思いますが
古い歴史を持つ善通寺市 皆さんも訪ねると 新たな発見があるかもしれません。



■大師とともに巡る 四国遍路 4巻セット/暮らしの幸便
■善通寺の四季/楽天ブックス
■空海と真言宗/楽天ブックス
■お寺に泊まろう/楽天ブックス
■善通寺市にお店を構えている老舗「讃州屋」の大将「中尾和夫」監修のこだわり商品。名店のさぬ... /万来商事 食品事業部 主任くん
■善通寺グランドホテル/楽天トラベル
善通寺に近く、また市中心部に位置し、ビジネス、観光に最適。
■善通寺ステーションホテル/楽天トラベル
宿泊・飲食共に低料金。市内中心地、JR善通寺駅前の便利なホテルです。ビジネス・観光の拠点に最適!
関連記事