高知市の中心商店街を歩く

2011年10月13日 05:58



四国太平洋側の中心都市・高知は 県人口の40%を占める一極集中型都市です。
最大の商業地である 中心商店街を散策してみました。

はりまや橋から高知城東側にかけて、中心商店街が形成されています。 
代表的な繁華街は、帯屋町(アーケード街)や
それから延びる形で大橋通商店街、はりまや橋商店街などがあります。



帯屋町商店街
東西約300mにわたって伸びる買回り品を中心とした商店街です。
高知県で唯一“街”らしい風景を持つのがこの界隈、
高知は四国山脈で他県と隔絶されているせいか 大阪志向というよりも東京志向だとか....。

規模そのものでは 高松や松山のアーケードには負けますが
豪快な県民性、自然豊かな風土が育んだ気質などが 街造りにも反映され
瀬戸内海側の都市とはまた違った魅力を有しているのは確か...。



百貨店は大丸があります。



右は高知大丸 左はティファニーショップ
高知は意外にもブランド志向が高く 地方都市ながらもルイヴィトンの路面店があります。
これもやはり勝気で豪快な県民性を反映しているのでしょうか?!



もちろん金券ショップもありますが 街ならではのビジネスですよね。
それにしても 高知からJRで高松、岡山へ行くよりも 中村(四万十市)へ行く方が高いなんて
高知県って東西に広いんだなと改めて実感しました。



この付近には大型の地下駐車場も完備しています。



脇道に入れば飲食店も多い通り



帯屋町から1本南の通り



京町かいわい
土佐料理(皿鉢料理やカツオのたたき)を食べさせてくれる専門店が点在しています。
高知市は国内でも、酒類の消費量が多い都市の一つです。



大橋通り商店街は、「土佐の台所」と言われ その大半が食料品を扱っています。
趣は東京・上野の「アメ横商店街」や大阪の「黒門市場」 京都の「錦市場」といった感があり
この通りでは カツオ節から、お刺身、果物、地酒など 土佐の食材は何でも揃います。



はりまや橋商店街
日本で最初に出来た木製のアーケードは 高知産の杉を使ったもの。
高知の誇りなるものを活用して地域の魅力を知らしめる...素晴らしい試みだと思います。
それから暫くして 高知駅ホームにも高知産の杉を使った屋根が登場しましたね。



アーケードの下では 産直市も開かれていました。


地方都市の多くが郊外型化して 中心部の既存市街地は衰退する所が多いのですが
高知の商店街や店鋪は、日曜市や木曜市を初めとする定期市を頻りに開くなど、
強い密着性と手軽さを掲げており、さらに行政もスローライフを志向するなどで
全国の地方都市の中では、中心市街地が元気な方に入っています。

高知の中心市街地の町歩き 結構面白いと思います。
(ライブハウス ジャズ喫茶 古本屋などが見つかればればもっと面白かったかも....)



■【送料無料】高知・南国散歩24コ-ス/楽天ブックス
■本場の味を全国へ!売り上げの2%を震災のチャリティとして寄付を致しますポイント8倍!チャリ.../高知農協直販店

高知駅周辺の施設一覧高知駅周辺の宿泊施設をネットでお得に予約できます


高知龍馬空港へはJAL,ANAの双方が就航 高知県内の移動は高知駅に出られると便利です。


東京~高知 楽天高速バスなら7,700円から



名古屋・四日市~高知 楽天高速バスなら7,300円から

関連記事