井原鉄道

2011年08月14日 05:58



中国地方には第3セクターで運営されている鉄道路線がいくつか存在しますが
旧国鉄からの転換ではなく 新規に創設されたという地方では珍しい線区
井原鉄道を紹介します。

この井原鉄道は 岡山県総社市・総社駅から 
広島県福山市神辺町の神辺駅を結ぶ41.7kmの線区で 
山陽本線から奥に約15kmの内陸を走っています。
線内は単線・非電化で もちろん列車はすべて気動車で運行されています。
線内で最大の町が井原市なので 井原鉄道と名がついたようですね。



かつて(昭和40年代)この地区にも 井笠鉄道と名乗る地方私鉄が存在し
井原と笠岡などを結ぶ鉄道もあったようですが すべて廃止され
現在の井原鉄道は 井笠鉄道の線路跡を一部活用しています
旧国鉄の末期には 吉備線を延伸する形で国鉄井原線を実現すべく着工されていたようで 
その時の高架線も一部流用したようですね。



車両はIRT355形気動車といわれるもので 1999年の開業当初から使用されています。
最高運転速度を110km/hとするなど 速達性も考慮した車両です。
当Blog写真の車両は 200番台のイベント用の使用を考慮した最新鋭の車両「夢やすらぎ号」 で
水戸岡鋭治氏がデザインを手がけました。

それ程儲かりそうもない路線(失礼)に 全線が新幹線を思わせる高架鉄道....。
鉄道建設は国鉄末期になると鉄道建設公団が行うものが多くなり、
高速運行を行えるように急カーブを少なくした鉄道敷設で 
自家用車に対抗できる交通手段になるように建設されています。
さらに鉄道路線建設の法律が、やむを得ない場合を除き
道路との平面交差(つまり踏み切り)を設置してはならない、となった為に
近年造られる鉄道路線は 何処も高架鉄道となっているのです。



3往復の列車が福山駅に乗り入れますが そうした拠点駅への乗入れも増やして
利用しやすくするのが得策かもしれませんね。



■【送料無料】ビコム レイルリポート109号(RR109)/鉄道[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】/Joshin web CD/DVD楽天市場店
■【送料無料】全国鉄道事情大研究(中国篇 1) /楽天ブックス
■【送料無料】朝湯、昼酒、ロ-カル線/楽天ブックス
■【送料無料】にっぽんローカル鉄道の旅/楽天ブックス
関連記事