富山の中心街を散策

2011年07月18日 05:58



「越中富山の薬売り」で知られる富山藩の城下町として栄えた 富山市の中心街を歩いてみました。

繁華なエリアは「総曲輪・西町」界隈ですが この辺りは、かつて富山城の外濠(曲輪)だったところ。
明治になって濠を埋め立て、浄土真宗の東西別院が建てられると、
参拝する人たち相手の仲見世が発展するようになり、繁華街が形成されて行きました。
総曲輪(そうがわ)という地名が伝統を感じさせて素敵ですね。(金沢の「香林坊」も同様に)



総曲輪通り商店街と中央通り商店街は アーケードが連続しており、富山県内一の繁華街。
二つを合わせたアーケードの長さは1kmにも及び 本州日本海側最大の規模の商店街です。
400もの店舗が並び、美しいアーケード、カラー舗装路の整備などにも趣向が凝らされています。



堅実な県民性なのか 名古屋みたいに商店街が閉まる時間が早いようです。




総曲輪フェリオ
2007年9月に新富山大和を旗艦店とした複合商業施設で
総曲輪シテイ株式会社が運営しています。



総曲輪フェリオは テナント店の構成をパンフで見知る限り 虚飾を嫌う実直な県民性が覗えます。
(変な喩えで申し訳ないのですが 北陸3県都を車でいえば
 金沢がアウディ、福井がオペル、そして富山がゴルフといったイメージ)

大都市資本の出店も目立ち若者感覚の総曲輪通り、西町、地元老舗の多い中央通り
幅広い世代の買物客が訪れています。桜木町は料飲街である事が窺えました。

富山市は1945年8月の富山大空襲で市街地の99.5%を焼失したため 
城下町としての入り組んだ町並みや面影、由緒ある小路が残っていませんが 
抜本的な都市計画で 地図なしにも歩きやすい街並みが形成されています。



富山の街も最近は 繁華なエリアが幾分か西側に移ったようです。
元来、富山で最も賑わっていた箇所は、
中央通り西側半分~旧大和付近(西町交差点)~総曲輪通り東側半分だったようですが
大和は総曲輪フェリオの方に店舗を移し 富山西武は撤退しました。
それと同時に近年は市街地の郊外化現象が顕著で、
アーケードも長過ぎて集客効率を持て余している感があり
中央通り商店街の一部分は 既にシャッター通りと化している部分も見受けられました。



近年では東側の商店街の一部を 商店街と住宅街に分けて
商店を一箇所に集約する構想(まちなか居住推進事業)もあるようです。



桜橋電車通り・西町電停付近より 総曲輪通り商店街入口

2006年には桜橋電車通り沿いの富山西武が撤退し 富山市の求心力低下が危惧されていましたが、
既存市街地の再開発計画がようやく軌道に乗り 
旧大和跡地は、図書館、富山第一銀行本店、ガラス美術館、公文書館が入る複合ビルが出来るようですし
総曲輪にはシネコンも出来るようです。
今世紀になってようやく“駅前シネコン”が出来始めましたが、
既存市街地中心部にシネコンが出来るのも凄いと思います。(これからはそうなるのですかネ?)



都市の繁華街は やはりある程度の路面店なり商店街といった奥行き&厚みがあって、
回遊性があるものであって欲しいと感じます。
富山といえば 薬もですが特産品や食べ物の認知度はかなりのもの 
寒ブリ、ます寿司、ホタルイカなど 一箇所で食べ較べる事の出来るエリアが欲しいですね。



北陸新幹線の開通による富山駅周辺の再開発も進むと聞きますが、そちらと
中心既存市街地・総曲輪の活性化が両立出来ると良いですね。




■身体の芯からホカホカ!富山発信の薬膳薬味越中とやま完熟みそらーめん 2食入り×4個/広貫堂
■食あたり、水あたりに 廣貫堂赤玉はら薬 6包【第2類医薬品】/広貫堂
■銀座スイーツフェスタで売り切れ!総曲輪チョコバナナ/コムクレープ楽天市場店
■【送料無料】総曲輪物語 繁華街の記憶
/楽天ブックス
大火、戦災、水害、隣接商店街との競合、大型店進出など、常に危機感をもって果敢に挑戦する商店街の姿
■[1万円以上送料無料!]【富山名産の手づくり寿し】老舗 味の笹義 ますの寿し 2段(丸桶) /アピタe-ショップ
■神通川と呉羽丘陵/楽天ブックス
■富山県 立山酒造淡麗辛口の味わいは圧倒的な人気立山 銀嶺立山 本醸造 1800ml /旨いde地酒
■銘菓月世界(5本入り)/加賀の國本舗
富山を代表する銘菓。 口中で静かに溶けていく感覚と日持ちの良さ、上品な味わいは、日本茶はもちろん、ブラックコーヒーにも最適です。
富山市内の施設一覧●富山市内の宿泊施設をネットでお得に予約できます
関連記事