日本一高い山城 備中松山城

2011年06月12日 05:58


 
城は小松山山頂に本丸 南の尾根に二の丸 三の丸
本丸の北側 石垣下に後曲輪を設け 背後を固めています。
二の丸と三の丸の間にも 厩曲輪 御前棚があります



複合式望楼型2重2階(1681年改)
築城主 秋葉重信
築城年 1240年
現存天守のある12城の中では唯一の山城で 現在は城跡が国の史跡に指定され、
現存する天守、二重櫓、土塀の一部が国の重要文化財に指定されています。

城の歴史は古く、鎌倉時代の延応二年(1240)に秋葉三郎重信によって 
臥牛山のうちの大松山に砦が築かれたことに始まります。
三村氏、毛利氏、小堀氏、、池田氏、水谷氏、板倉氏など次々に城主が変わりましたが、
天守などは天和三年(1683)に水谷勝宗により修築されたものです



大手門跡
石垣の多くは「打込ハギの扇の勾配」といわれる石積み。
石垣の隅が左右揃って扇の勾配を描いて立ち上がり 素晴らしい石塁美!!
山城の力強さが感じられます。







近代土木技術の無い時期 よくこんな高所にこれ程の城が築けたものです。
岐阜城や岩国城もこれだけの石塁や土塀、櫓はありません。





本丸南面の建物群と復元土塀
左から、六の平櫓・五の平櫓・天守閣







天守の会館は 採光を考えて大きな格子窓が装飾的に開かれており近世的です。
内部に岩石落としの仕掛けがあるなど手の込んだ造りで
国の重要文化財に指定されています。



備中松山城のパンフレット
入閣料は大人300円 開城は9:30〜17:00です。
平成18年(2006年)4月6日、日本100名城(68番)に選定



幕府中枢に近かった家柄を嫌った明治新政府は 廃藩後に城の破却を求めましたが
高い山城で 目に付かないのを良い事に「解体しました」と誤魔化してそのまま放置しました(笑)
そのため解体を逃れました。



尤も昭和初年頃までは荒廃して廃城そのものだったようですが 
守備堅固な戦国山城としての観光価値に優れる事から 小藩の城郭にかかわらず 
文化遺産として昭和10年以降からは整備復旧が進められていきました。
平成15年には 五の平櫓などが復元 公開されています。



高梁市は高梁川mの清流に沿った気品溢れる町
町並みは帯のように長く2km位あり 盆地のほぼ真中に備中高梁駅
盆地の北側に 人口3万人級の城下町が広がっています。
高梁は明治になるまでは 松山と呼ばれ板倉氏5万石の城下町として栄えました。
 


余りに高い場所にある城郭でやや不便であったからでしょうか
城主の水谷氏は後、麓に御根小屋と称する居屋敷や政庁を設けました。 
そこは現在の高梁高校の敷地となっています。
(岩国城も同じように 麓の吉香神社の東側に 城主の居屋敷があり
 広義にはこれを含んで岩国城と呼んでいましたね)

高梁は霧に包まれる町としても有名で 
雲海に浮かぶ城郭を写真に収めるのも 良い絵になるかもと思いましたが
早朝に行く必要があり 城をさらに高い所から見下ろせるような俯瞰の構図にするには
離れた高台を探して行く必要もある訳です(笑)。
また霧に包まれると 高梁市の展望が楽しめません。
従って、今回はありきたりの写真ばかりですが.....(^^;) 



日本一高い山城の魅力は皆さんに伝わったでしょうか?

次回は備中松山城の麓、城下町・高梁をご案内します。お楽しみに!




■日本百名城(DVD)【趣味・教養 DVD】 /コロムビアファミリークラブ
■【送料無料】現存12天守閣/楽天ブックス
■送料・代引手数料が無料!司馬遼太郎と城を歩く【smtb-u】/EMI Music Japan SHOP
■【送料無料】日本名城紀行(西日本編)/楽天ブックス
■【送料無料】封印された戦国名城史/楽天ブックス
■【送料無料】小さな町小さな旅(中国・四国)/楽天ブックス
■地元備中高梁米を石臼で水挽きし、昔から伝わる製法を厳格に守り、手間と時間を掛けて作られた.../つちや天任堂
■高梁国際ホテル/楽天トラベル
古の面影を残す歴史の街高梁、観光に、ビジネスにあらゆるシーンに合わせて当ホテルをご利用下さい
■公共の宿 神原荘/楽天トラベル
自然に囲まれた安らぎの宿。人口光明石温泉と、地元の旬の食材を使ったお料理で、心あたたまるひと時をお過ごしくださいませ♪
関連記事