岡山バイパスと平田食事センター

2011年05月31日 05:58



中国地方で最も良い一般国道区間....。諸説こもごもあろうかと思いますが

岡山市東部から倉敷市西部に抜ける 全長40kmの岡山バイパスが 
6車線区間が長く しかもオーバークロスする高架部分も多いという事で 
その最右翼に挙げられるのではないかと思います。

岡山は平野部が多く まとまった市街地は岡山 倉敷の一部分に留まっています。
市街地の南郊をルート設定すれば 比較的地価も安く 
工業地域として飛躍する水島地区への交通も至便 そうしたこともあって
岡山バイパスはルート設定されたのでしょう。



60キロ規制ですが 実際にはそれ以上のスピードで流れています。
近年では私達山口県民も 山陽自動車道で岡山入りするために 
岡山バイパスを利用するのは一部区間に限られますが それにしても良い道ですよね。



FM岡山76.8MHzが 岡山バイパス走行の友。



70万都市の岡山と45万都市の倉敷(倉敷は神戸以西最大の工業出荷額を誇る都市) 
しかも山陽、山陰、四国の交通の結節点なので 通行量はそれなりに多く
片側2車線ではパンク状態になっていたと思われます...。
(北九州〜福岡の国道3号線が片側2車線というのが 逆に不思議なくらい)

沿線には田舎にしては早くから郊外型店舗も発達し(そういえば紳士服のはるやまも岡山発祥) 
外食チェーン モーテル等も軒を並べて林立しています。
そんな中で 私が岡山訪門の度によく利用していた「平田食事センター」を紹介しましょう。




山陽路の国道2号線を走駆するトラック運ちゃんならば 誰でも知ってる(笑)
岡山の 元気がでる食堂「平田食事センター」 24時間営業。
トラック運ちゃんの殿堂的な休憩場所として名を馳せていた所で
1980年代の勢いや、地方都市のドライブインの風情を強く残した
今どきディープな?!岡山を見せてくれる貴重な場所といえましょう。
看板にはマスコットキャラの「ひらたまご」



下り線は 看板がディープでコテコテ傾向であり、トラック装飾用品も売っています。
山口県周南市熊毛の2号線沿いに「モノハウス」がありますが 
地方の1県に1箇所はこういう店があるんですよね。

それとアキバ系のUFOキャッチャーがあり コスプレ衣装 スクール水着 18禁グッズも揃います。
トラック野郎とアキバ系という ずいぶん乖離した客層を集めているんですよね(笑)。
 


食事コーナー
大衆食堂的雰囲気でメニューも安いし 
カツ丼食いながら 週刊プレイボーイのヨタ記事を読みつつ
おしぼりで顔を拭くなど(爆)していたら 妙にリラックス出来るかも。



店内はセルフサービスの食堂のほか、ゲーセン、コンビニが併設されています。
おかずはコロッケ、トンカツ、野菜炒め、焼きそば、ハンバーグなどがあり
トラック運ちゃんが喜びそうなメニューは 200〜300円前後の値段で安いのです。
地元では「ひらしょく」と呼ばれているようです。



メガカツ丼500円、安っすぅー!! 丼ものは上り線にしかありません。



嫌煙家が増えて 喫煙者は厄介がられていますが ここは1980年代のまま
大手を振って喫煙できるのが愛煙家にはGood.....。




ゲームコーナー
中年の運ちゃんは 最新鋭の機種よりも慣れた機種を好むようです。
25〜30年前は 耳の上にマイセン挟んだ(爆)リーゼント頭の若者が集ったのでしょう。
昔のエロ本など売るコーナーを設けるとウケそうです。



こういう所で買いたくなるCDはといえば昭和歌謡 
中森明菜や安全地帯など 今46歳の私が 免許取りだちに聴いた頃の音楽、
中森明菜のCDは いまだに私の車に10枚以上載せているほど ファンでした。

「食事センター」という表現にも驚きますが 今時のファッションに身を包んだ若い女性達が行くと
「今でもこんな場所があるんだー!」と驚くかも......。 
公式サイトがちゃんとあります。 http://hirasyoku.net/index.htm

おすすめ ↓onsenjazzさんの動画
  http://youtu.be/lGDZiaNx7mw    平田食事センター 昭和レトロな大衆ドライブイン

全国何処へ行っても 現代的で同規格の飲食店ばかりが増える中
1980年代を今に残す 岡山のディープなスポット「平田食事センター」。
昔、この近くに 逆さまレストランもありましたね。
車で岡山、倉敷観光の途中に岡山バイバスを利用すれば
24時間営業ですし 話のネタに立ち寄られても良いと思います。








関連記事