道の駅・シルクウェイにちはら

2011年05月13日 05:58



岩国から下道経由で日本海方面に向かう時立ち寄る道の駅
3日前の続編という事で 今日は島根県「道の駅・シルクウェイにちはら」を紹介します。



この道の駅は 国道9号線沿い 島根県鹿足郡津和野町池村に位置しています。
元々はここは日原町と呼称していましたが 平成の大合併で日原が津和野に統合され
町名も知名度の高い津和野を冠すようになりました。
(感情的対立を危惧したのでしょうか 津和野町役場本庁は 日原に置かれています)



この道の駅は1999年6月26日に 島根県で16番目の道の駅として誕生しました。
誕生こそ遅かったのですが 
日原バスターミナル(高速バス東京行 大阪行 広島行などが停車)
レストラン、コンビニエンスストア、道路や観光の情報コーナー、産直市場などが設けられ
地域の拠点となっています。

内部は中央入口より左側(北西)の買い物ゾーンと、
中央入口より右側(南東)の食事ゾーンに分かれています。



食事ゾーンは「らーめん屋」「郷土料理 せいさく」「食事&喫茶 にちはら」の3店舗で
全店舗専用券売機(一部カウンター注文あり)で注文し フードコートで食べるという寸法。



産直市として地元でも知名度がある「あしたば」
産直市ならではの地元の野菜や加工品は 何処の道の駅でも共通していますが、
ここには惣菜類が豊富にあります。



施設は津和野町が所有していますが 管理運営は株式会社石西社(第三セクター)が行っています。
石西社は かつてはこの日原で盛んだった蚕糸・製糸業だった会社で
昭和38年頃は日原の養蚕農家は250軒もあったといいます。
石西社は10年前に製糸業の幕を下ろしました
この道の駅「シルクウェイにちはら」の名称も そこから来ているのです。
その名残は 道の駅で販売されるシルク製品に見られるのではないでしょうか(上写真参照)。



ところでこの付近は結構 取締りを行っています。
この道の駅から山口方面に500メートル付近 バス停がありますが待避場に引き込んでいます。
運転中の携帯やシートベルト等不装着の無いよう注意して走行して下さい。



■贈り物、ギフトにどうぞ津和野日原の”わさび漬&ドレッシング詰合せ” /RuRaRan
■贈り物、ギフトにどうぞ津和野日原の”わさび漬3種詰合せ” /RuRaRan
島根県西部(石見)の施設一覧島根県西部(石見)の宿泊施設をネットでお得に予約できます。


関連記事