熊本城本丸御殿

2011年03月08日 05:58



本丸御殿は藩主の居間、対面所(接客の場)や台所等の機能が備わっていましたが、
大広間(対面所)、数奇屋(茶室)と大御台所を復元したものです。



構想から10年・着工から5年という壮大で緻密な計画の元に復元され
現在公開されている御殿は 床面積は890坪です。







950種・4万本の木材を使った巨大な木造建築で
木造瓦葺きの地上3階 地下1階畳は、全体で580枚使われてます。
これでも当時の3分の1の復元です。



復元にあたっては 築城時の厳密な調査を行い いにしえから続く伝統技術を集めましたが、
一般的には想像するのに難しい 忍者屋敷のような建物だったようで 
設計の専門家たちを深く悩ませたようです。



本丸御殿の間取りは 発掘された遺構と絵図面を元にしているので、
数寄屋(茶室)や大台所などほぼ元通りに復元されています



大広間棟南の中庭も、少しだけ復元されています。

本丸御殿の天井裏は大変広いです。 絵図面通りに大広間棟に中二階と三階があります。
隠し部屋や秘密の仕掛に関しては 初めて来る人は多分迷うのではと感じます。
昭君之間以外の部屋の装飾等は 襖絵や釘隠しなどありますが、普通の部屋は意外と地味です。、



地上に出入口がありません。建物の出入口は、地下にある「闇り門」で
ここをくぐると一本の「闇り通路」が延びています。



大広間棟の建物は、石垣と石垣の間にまたがって建てられた特殊な構造になっています.








「若松の間」








本丸御殿は、「昭君の間」が目玉で、警備員が立ち 撮影もフラッシュ禁止です。




加藤清正は豊臣秀吉の親戚筋にあたり、豊臣家存続のため
「昭君之間」は秀頼を隠まうための部屋であると伝えられています。
「昭君之間」に入るには 地下道を通らなければならず、地下から階段を上がっても、
幾つかの部屋を突破しなければたどり着けないよう一番奥の部屋に設けられています。
さらに「昭君之間」の横には抜け穴も用意されていました。

「昭君之間」は輝りかがやく金碧障壁画
狩野派が活躍した桃山文化が甦る豪華絢爛な世界です。

当時、一段高い鈎上段には豊臣秀頼か加藤清正しか上がれなかったそうです。






個人的には、御殿と天守を繋ぐ地下の「闇り通路」が印象に残っています。

いよいよ 九州新幹線の全面開通が3月12日と迫りました。
熊本へのアクセスも飛躍的に便利になるわけで 皆さんも熊本市に出掛けてみてはいかがでしょうか。


■【送料無料】加藤清正/楽天ブックス
■【送料無料】修復の手帖(vol.3)/楽天ブックス
■【送料無料】名城をゆく(1)/楽天ブックス
■日本百名城(DVD)【趣味・教養 DVD】/コロムビアファミリークラブ
■【戦国武将Tシャツ】加藤清正Tシャツ/CHAMP
■「父の日に」Woody JOE(ウッディジョー)木製模型キット/日本建築 「熊本城 天守閣」 1/150【.../フロムハンド
熊本市の施設一覧熊本市内の宿泊施設をネットでお得に予約できます


関連記事