熊本市 中心街を歩く

2011年02月24日 05:58



九州新幹線の全面開通 迫ってきましたね。
3月12日からは 熊本 鹿児島への時間的距離がずいぶんと近くなる訳で
皆さんの中には 春になれば行ってみようかと思われている人も多いのでは?

今日から5回ほど 熊本特集として
新幹線が開通する熊本市の観光を 当Blogで紹介します。
先ずは熊本駅 そして熊本市街地からご案内しましょう。



熊本市に乗り入れる九州新幹線は 在来線の熊本駅に併設されます。
(市街地の外れに 新○○駅 が出来るのは 意外と不便ですからね)
ただ この熊本駅 市街地の南西に位置し 繁華なエリアではありません。
初めて熊本に降り立った人は こんな田舎町なの?と思うような場末(失礼)



東口の駅ビルまでは建て変わらないようですが 駅前の風景はだいぶ様変わりしました。
(写真は2010年12月の撮影です 今はすっきりしていると思います)



市の中心街へは 路面電車がほとんど待たずに乗れるサイクルで運転され便利です。



熊本は細川氏54万石の城下町として発展し 現在の人口は73万人、
一年後には政令指定都市に昇格する見込みです。
旧城下町を中心に市街地が展開しており、熊本城の東側が街の中心となります。



辛島町電停で降りて 中心部を散策しました。
いわゆる中心街に特化しているタイプの都市構造で
サンロード新市街、下通、上通と呼ばれる
中核市最大規模のアーケード街が1km以上にわたって連なります



サンロード新市街 パチンコ店など遊興施設が多い所



熊本市の下通り商店街は確か日本一大きなアーケードだったかな?
肥後人は着道楽なようで インポートブランドのショップなど
熊本には早くから色々来ていたよ と云われています。
写真は平日の朝に撮影したものなので人通りが少ないのですが 休日は大変賑やかです。



上通り商店街 どちらかといえば地場資本が頑張っています。






中心部のくまもと阪神百貨店から見た 中心部の風景
私は熊本はここからの街の風景が好きですね。
1956年一番最初に政令市になった6大都市そして札仙広福の次に
大きな街なのではないかと感じます。

下には 日本最大規模のバスターミナルである熊本交通センター
交通センターも繁華街に近いので、熊本から福岡市中心部天神、福岡市から熊本市中心部の
移動自体もスムーズ



戦後、九州を管轄する国の機関は福岡に移り 熊本市の比重は薄くなってしまいましたが
財務局、国税局、農政局と 郵政など一部は引き続き熊本に置かれ続けており、
九州の中枢都市としての役割は果たしています



特徴としては地下水が豊富な事で。そのため、日本最大(世界最大)の地下水都市、とも言われています。
「熊本市は地下水のため水道代が無料である」という噂もありますが これはデマなのでご注意!(笑)、
グルメでは メジャーな馬刺や、郷土料理のタイピーエン、熊本ラーメンなんかも美味いです。
郷土料理のタイピーエンは 次回に詳しく紹介します。




交通センターのセンターコート(入り口の広場)にはおてもやんの銅像があります。
また、センターから熊本城に行く途中の熊本市民会館(愛称は崇城大学市民ホール)の前には加藤清正像があります。



車道のメインストリートと云えるのが『通町筋』
上通り・下通りを分ける通りになります。鶴屋という地場百貨店や熊本パルコがあり
人通りも多く賑わっています。 写真の建物は熊本で一番大きな百貨店『鶴屋』



上通り・下通りに交わる通りも 飲食店やファッション街など 様々な個性を持った道筋があり
街歩きが楽しくなりそうです。
シャワー通り…アーケードを出た所にあって 雨天時に濡れるからこの名が付いたようですが
熊本のファッションをリードする路面店が集います。
オークス通り…大きな楠からこの名がついたようですが 森の都と云われるだけに緑が多く
大変落ち着く街並みだと感じます。

市街中心部には30階建て以上の高層建築はありませんが 熊本城の美観を損ねないように
やはり条例でもあるのでしょうか??。



■馬刺しの本場熊本よりお届けする本格鮮馬刺し鮮馬刺しトロ・霜降り・赤身・タタキセット /鮮馬刺しの 菅乃屋
■【馬刺し】【馬肉】馬刺しの本場熊本よりお届けする本格馬刺し鮮馬刺し菅乃屋馬刺し「蘭」【10P.../鮮馬刺しの 菅乃屋
■熊本の定番かつ人気のお土産品である「誉の陣太鼓」と「武者がえし」の詰め合わせです。【お菓.../旬彩館ネットショップ楽天市場支店
熊本市の施設一覧熊本市内の宿泊施設をネットでお得に予約できます






関連記事