別府 竹瓦温泉

2011年01月13日 05:58



別府市内には色々な温泉がありますが 別府らしさが感じられる味わい深い温泉といえば
やはり竹瓦温泉がその最右翼だと思います。
竹瓦温泉を紹介しましょう。



この温泉は別府市元町にある 別府市営の共同温泉です。
場所は別府市中心部の国道10号線から入ってすぐの場所 
別府駅からでも歩いて15分ですし 別府中心部の温泉街の中核に位置するので 地の利にも優れます。

このエリアは1871年(明治4年)5月、流川河口に旧別府港(楠港)が出来て 開けだした所です。
温泉の創設は 明治12年(1879)で、当初建築されたものが竹屋根葺きの浴場
そしてその後に改築されたものは瓦葺きだったので 竹瓦温泉と名がついたようです。



現在の建物は昭和13年(1938)の建設で 
正面は唐破風造(からはふづくり)の豪華な屋根をもつ温泉建築となっており、
その外観は別府温泉の象徴的な存在となっています。
建物は2004年(平成16年)6月9日に登録有形文化財に登録され、
2009年(平成21年)2月6日には近代化産業遺産にも指定されました。






これだけの歴史的価値のある温泉でありながら 入浴料金は普通入浴 100円と格安!。
湯(少し熱め)は温度調整のために加水されていますが 掛け流しです
ここには砂湯(1,000円)もあり、浴衣を着て砂の上に横たわると温泉で暖められた砂をかけてくれます。
営業時間も 6:30~22:30(最終受付は21:30)となっており 
毎月第3水曜日以外はほとんど開館していますので 行き易い温泉だと思います。



内部は、1階の真ん中に天井の高いホールが設けられ、西側が砂湯、東側が男湯、女湯になっています。



泉質は 男湯が含食塩土類重曹泉 女湯が含食塩土類炭酸鉄泉
効能はリューマチ、神経痛、皮膚病に効くとされています。



観光客ばかりでなく地元客にも絶大の人気を誇る理由は 建物の堂々たる風格にあるのでしょう。
初めて見た人は 寺のように見える老舗の高級旅館と感じ 感嘆するようです。
外国人観光客に人気があるのも頷けますね。



竹瓦温泉の真ん前には 竹瓦小路があります 
木造のアーケードは日本一古いといわれ スナック、バー、居酒屋 喫茶店が並びます。



周囲は 温泉街の盛り場らしく 近代的な飲み屋の建物や風俗店が林立するエリアですので
その点では 現実に引き戻される感じがします....
(でもビジネスホテルも多いので 楽天トラベルで探せる安い宿は多いです)



惜しむらくは温泉の専用駐車場が無い事で、海沿いの市営北浜海岸駐車場を利用するか
ゆめタウン別府の駐車場を買い物ついでに利用するかになります。
(別府の道は一方通行や車の進入禁止が多いので注意)

西日本最大級の温泉地で 心と体を癒す旅
別府に行かれる機会があれば 竹瓦温泉でひと風呂浴びてみられては如何でしょうか。



別府市の施設一覧別府市の宿泊施設をネットでお得に予約できます


関連記事