萩・東光寺(毛利家墓所)の紅葉

2010年11月29日 05:58



『khimyuのブログ“旅と寫眞”って、撮り溜めた写真を3日に1回更新するだけだから
 紅葉とか 今現在の季節写真を見せるって事はあまり無いよナ...!』
そうお感じの皆さん、当Blogは、
  “ケチだから実際に旅に出ていない(写真も無い)くせに
   アフィリ報酬目当てで旅情報を垂れ流すだけ”のサイトとは違います(笑)。
今日は、2010年秋の紅葉をお届けしたいと思います。




今年の紅葉は 山口県萩市 東光寺(毛利家墓所)に行って撮影しました。



東光寺は 元禄4年(1691)に 萩藩の三代藩主である毛利吉就が
父二代毛利綱広の菩提を弔う為に建立した 黄檗宗の寺院です。

寺は 総門 三門 大雄宝殿まで一直線に並び 
大雄宝殿は元禄6年〜11年の建立 三門は文化9年(1812)の建立で
両方が国の重要文化財に指定されています。





毛利家墓所は大雄宝殿の裏にあり(一番奥)国史跡に指定されています。
緑に包まれた静寂な雰囲気の中に 墓石と燈篭が整然と立ち並ぶ様は壮観です。
ここは特に紅葉時期に行くと 建ち並ぶ燈篭との取り合わせが
良い写真になると思いますね。



墓所内には 奇数代の毛利藩主
(3代吉就、5代吉元、7代重就 9代斉房 11代斉元)と
その婦人が祀られています。
偶数代の藩主は 大照院(萩駅と玉江駅の間の方にある)に祀られています。
大照院も紅葉の名所で 親交サイト「山口県の旅」の最終更新で 大照院紅葉をお楽しみ頂けます。 

墓所前庭には 幕末動乱期の政争で自刃した福原越後ら3家老と
前田孫右衛門ら12人の重臣の招魂墓が 藩主らに見守られるように祀られていました。
東光寺の入場料は一般300円です(2010/11現在)



萩では 遊覧船にも乗りました。次回更新の当Blogで紹介します。 


■五木寛之の百寺巡礼(第8巻)/楽天ブックス
■萩・津和野・山口散歩23コース/楽天ブックス

萩・長門・秋吉台エリアの施設一覧萩・長門・秋吉台エリアの宿泊施設をネットでお得に予約できます



関連記事