結構楽しめる山口博物館

2010年11月17日 05:58



山口市春日町にある県立の総合博物館 山口博物館を訪ねました。
この博物館は 山口県の小学校の社会見学で県庁と一緒に巡回するケースが多いのです。
今回の訪問で 山口博物館を久しぶりに見て回る事が出来ました。



博物館の収蔵資料に関しては 天文、地学、植物、動物、考古、歴史、理工に分かれ
私の好きなジャンルも沢山!。社会と理科が好きだった私はワクワクしましたね。
約30万点にも上る 様々な資料を収蔵・展示しているようです。



山口博物館は、その前身が明治45年(1912)に防長教育博物館として開館しましたから、
その歴史は間もなく100年という事になります。
大正6年になって 現在地に山口県立教育博物館として開館しました。
現在でも1年間で、およそ5万人が見学に訪れるとの事です。
時折、館内外で講座や学習会も開催されます。



100年近い長い歴史を持つこの博物館、収蔵されている資料も大変幅が広く
原始・古代から近代までの考古・歴史を紹介する人文部門は 
山口県に特化したものを よくぞこれだけ集めたな という印象を受けました。








理工展示に関しては 疑似体験操作できるものも多く展示されています。
私同様に こういうのを喜んですぐ試したがる息子(笑)



常設展観覧料は一般150円と格安です。(文化の日などに行くと無料になるとか)
開館時間は9:00~16:30  (2010/11現在)
休館日は月曜日、年末・年始、その他に全館停電日、全館消毒日もあるようなので
公式サイトでご確認頂ければ....。
 


博物館屋外にはD60形式1号蒸気機関車が保存されています。
国鉄の貨物用テンダー式蒸気機関車で
山口線で使用され 津和野機関区に配属されていたもので、
昭和48年に引退するまで 山口線 山陰本線ほか全国で活躍していました。

館内の撮影については一部不可であったり ストロボ使用を禁じていますので
ご注意下さい。
また 小学校の社会科見学の時期とも重なると 落ち着いて見れませんので(笑)
その辺は御留意を....。



■サンルート国際ホテル山口/楽天トラベル
2006年3月全客室全改装 シングルのベッドは140cm幅
■青柳旅館 <山口県>/楽天トラベル
この道50年の女将と日本橋人形町で修業した板前が皆様をおもてなし致します。
JR山口駅より徒歩3分と観光、ビジネスに最適。



  
   
関連記事