倉敷・鶴形山公園

2010年11月05日 05:58



倉敷の美観地区を訪ねた際に 今回初めて鶴形山にも足を延ばしてみました。

この小高い山は標高約35mで 美観地区の東側に位置しています。
かつては瀬戸内海に浮かぶ小さな小島でした。
島であった名残りは 海岸植物や昆虫に見る事が出来、山の頂にある阿智神社は
今でも海の守護神としてされています。

倉敷公民館近く・北西側の観龍寺から上って阿智神社へ 
下りは本町・東町の古い町並みに向って進みました。

西麓の倉敷公民館近く(鶴形トンネル付近)から 100段ほどの石段を登ると
かつて倉敷を訪ねた文人墨客も必ず訪れたという 真言宗の名刹・観龍寺です。



観龍寺へ向かう石段からの甍の波
倉敷の百数十年の移り変わりが 古い町並みに今も色濃く残ります。



観龍寺
985(寛和元年)堯盛津師の開基。

観龍寺の山門の左にある小さな戸の上に 槍で突いたと言い伝えのある跡が残りますが
幕末倉敷の大事件 倉敷代官所が焼き討ちに遭った“倉敷浅尾騒動”の際に、 
祝杯を上げて荒ぶれる長州奇兵隊の者が槍で突いたのだそうです。



鶴形山は 全体が公園として整備され、遊歩道も設けられています。





阿智神社
倉敷一帯を開いたと伝えられる帰化人、阿知使主(あちのおみ)一族の故事によって 
明治時代に現神社名になりました。
代々の倉敷代官から寄贈された絵馬や灯篭 手水鉢などが残っています。
倉敷の総氏神として奉られており、海上交通の神様として信仰を集めていました。
春と秋には例大祭が行われ 御輿が倉敷の町を練り歩き、名物“素隠居”も登場します。



本殿
主祭神の宗像三女神(皇祖神、天照大御神と素盞鳴尊の娘神)を始め 三十柱の神々をお祀りしています。







山頂は倉敷の町を見渡す絶好の地
写真は阿智神社・絵馬殿より撮影しました。









四季折々の花が咲く 花の山としても 倉敷市民に親しまれているようで
鶴形山の桜、つつじ、藤は有名です。
今度は4~5月に行ってみたいですね。 


■倉敷ぶらり散策/楽天ブックス
■【ポイント10倍】送料無料!!大人の旅物語「倉敷・鞆の浦・尾道の旅」 /Felista
■送料無料岡山県倉敷 本格派フランス料理レストランポンヌフ若鶏のロースト丸焼き1.2kg前後/JSHOP 楽天市場店
■【送料無料】家庭では真似できないプロの味!焼いてません!お祝いにも家族団らんにもっ♪塩釜.../瀬戸内旬の味紀行 倉敷・魚伊
■レビューを書いて送料無料にしちゃいましょう♪お湯に入れて3分!穴子丼のできあがり。瀬戸内の.../瀬戸内旬の味紀行 倉敷・魚伊
■ホテル日航倉敷/楽天トラベル
ヨーロピアンタイプの豪華なホテル。
客室は全室40㎡以上と広く、美観地区まで徒歩2分です。
■倉敷アイビースクエア/楽天トラベル
明治時代に建てられた紡績工場を改築活用した赤レンガに蔦の絡まるホテル。
「近代化産業遺産」に認定された特色豊かな施設です。
■倉敷国際ホテル/楽天トラベル
倉敷特別美観地区内に位置し、観光に最適。
倉敷駅周辺の施設一覧倉敷駅周辺の宿泊施設をネットでお得に予約出来ます

関連記事