ゆとりパークたまがわ

2010年10月03日 05:58



山口県で最も北にある 国道191号線沿いの道の駅「ゆとりパークたまがわ」に立ち寄りました。

現在はここは萩市に合併されていますが 
かつては阿武郡田万川町という人口四千人位の小さな過疎の町で
萩からは40km、益田からは20kmという 島根県寄りに位置し 
どちらかといえば益田の経済圏に包合されています。



町の集落の中心は 日本海に面した小さな漁港町の江崎地区です。 
近年は田万川温泉などの観光施設が誕生し
それに伴って 道の駅「ゆとりパークたまがわ」も開設されたようです。



建物は 田万川の文化財である「西堂寺六角堂」をイメージした建築。



レストランは 「味番地」 「ゆとり茶屋」 「六角亭」 の3つあり。



公園(子供広場) 体験施設、情報コーナー 乳幼児用施設・ベビーベッドなど 
付帯施設も充実しています。



情報コーナーでは周辺の観光情報を入手できます。
ここから最も近いお薦めスポットは、やはり須佐のホルンフェルスでしょうか。



地元の江崎港で水揚げされる鮮魚や 小川地区で収穫される桃、ぶどう、梨、
青果物、花のほか 北浦地区の特産物なども販売されています。
鮮魚は魚種こそ少ないようですが 新鮮なものが安く買えるとあって
近隣から来られるお客が多いようです。 



山陰地区の国道は 山陽地区と違って 道路沿いに外食チェーンが少なく
お腹が空いた時に結構困ってしまいますが その一面で「道の駅」の数が比較的多く
地域の特産品などを安価に入手できるとあって 方々で立ち寄ってしまいます。
田舎の素朴な産品は暖かみを感じますね。

国道191号線ドライブの際には 是非立ち寄りたい道の駅だと思います。


■【萩焼】須佐焼 唐滝庵13代 土谷一水 作須佐萩ぐい呑(251035)/日本橋ギャラリー紫苑
■ノスタルジックペンション アンソロジー/楽天トラベル
♪萩から海を見ながらR191で50分!津和野へ30分!1日3組のお客さまをお迎えします♪静かな田舎の宿♪

関連記事