街歩きと古着ジーンズの話

2010年07月29日 05:58



Levi's501記事で 当ブログにかなりのお客を集めながらも
今日はlevi's505を履きながら このブログを書いています(笑)。
(でも本音を言えば505の方が 細身で格好良いんですよね)

ジーンズが好きなら 東京だと原宿・青山、
大阪だと心斎橋のアメリカ村辺りの
ビンテージ専門店は行くのか? と思われそうですが
そうした店で買えるほどに 私が富裕でマニアックな筈も無く 
「1本10万円のを買うのなら 1本1万円のを10本買うほうがエエ」と思ってしまいます(笑)。

日本で流通している中古ジーンズは 米国の巨大倉庫(5〜7mの高さに山積)で
山積みの衣類を「ここからここまで」とごっそり大雑把にコンテナに積み込み
日本に船便で輸送しているのです。
コンテナ1基が運賃込みで15〜20万円と云われます。

そんな中にビンテージジーンズが2〜3本 コンテナに入っていれば元が取れるようです。
その中でもデッドストック(死蔵品)と呼ばれる 50年前の未使用品
これなら30万円以上の価値があると言われます。

残りのジーンズやネルシャツなどは 全て古着屋に卸しますが
そこでも再販価値があるものは1本1,000円程度で卸され
ゴミ同然とされる品(こういっちゃ失礼ですが)が 390円均一の某店に並ぶわけです。

メーカーこそLeeやWranglerではあっても 米国で20ドルの普及帯価格のジーンズですから 
ジーンズ愛好者が見るとモロに実用品(笑)。
色落ちなどにアジがあまり無く 嗜好性に欠ける部分も散見されます。
私の子供に買い与えると 中学生の頃は喜んで履いていましたが 
今では「あれはイマイチ」とか言っています(笑)。
(それでもユニクロの10年前のジーンズよりマシとは思ったが)

街歩きと古着屋めぐり、神戸・大阪では色々と楽しみました。
ジーンズなら米国物が良いですが 
それ以外のシャツや上物等は やはり繊細な欧州物がいいですね。
(欧州物古着は店が限られてしまいキロウエア等になりますが) 


■【smtb-k】【w3】プチ贅沢!ちょっとプレミアムなベルトをお探しの貴兄に満を持してのリリース... /ONEonONE
■【送料無料】リーバイス505オリジナルジップフライダークブルーユーズド505-0038【smtb-m】 /5ポケット
■【期間限定特別価格!】完売続出の“ブラック501”Levis501 (リーバイス501ブラック・海外モデ... /mj YOKOHAMA
■【送料無料 5 %OFF】【7/26(月)10時からリニューアルオープンセール開催】メンズLevi'sリーバ...ジーンズショップ デンバー
関連記事