防府駅前 ルルサス防府

2010年06月02日 05:58



防府駅前の「ルルサス防府」に立ち寄ってみました。

「ルルサス防府」は、JR山陽本線防府駅てんじんぐち(北口)に隣接する複合商業施設です。
「防府駅てんじんぐち第一種市街地再開発事業」として2004年に建設が始まり
2006年7月にオープンしました。まもなく4周年になります。



地域の地権者が組織する民間組織「防府駅てんじんぐち市街地再開発組合」が、
防府市や地元商店などと協力し
コンパクトシティ、中心市街地活性化、防府天満宮表参道へのポンプ機能 を掲げて
35億円近い税金が投入されながら(市民から「無駄遣い」と思われているようですが)
商店街の再興を願い 12万都市の顔となる複合商業施設を目指し 建設されました。

地上14階建ての再開発ビルと別棟の駐車場棟から成っており
店舗や住宅そして図書館等の公共施設
施設隣接の防府地域交流センターアスピラートとは 2階連絡通路で結ばれています。



敷地一杯に壁面が立ちはばかり 存在感があるように見せながら、
内側にオープンスペースを設ける構造になっています
福岡市の「キャナルシティ博多」の誕生以来 こうした構造が増えましたね。
ルルサス防府は 店舗等は内側のオープンスペースに面しています







内部のオープンスペースは大小2つ
レストラン、カフェ、レディスファッション カルチャー、
銀行 保険会社 100円ショップ
防府市地域協働支援センター 防府市立防府図書館などがあります。
防府駅前でお茶するには 良いですね。



商業施設のイベントスペースから望む住宅棟
防府程度の都市規模ならば 街に活気を持たせる設計だと感じます。

駅周囲から歩いて防府天満宮に参拝する観光客が 元旦以外殆どいない事と
駅の南口には マイカルシネマ&サティ防府がある事、
規模が中途半端で核となる店舗が無く オープン当初からテナントが埋まらなかった事、
更に2008年 ロックシティ防府が進出してからは商業テナントの閉鎖も見られ
苦戦気味であることは確かです。
最近は 商業施設というよりも業務ビル色を強めつつありますね。

個人的には防府色がもっと出ていてもいいかな と思いました。






平日の昼間に訪れたので 人は殆ど歩いていませんでした。
空間のお洒落さだけで客が呼べるほど甘くないとは分かっていますし
郊外型SCの席巻で競争は大変でしょうが、
防府中心市街地活性化の盟主として これからも頑張ってほしいものです


■防府特産のオリジナル蒲鉾です。高級オリジナル蒲鉾(かまぼこ)『とらふ(大)』 /yamaguchiきらら特産品
■山口のカフェ108×2/楽天ブックス
■山口県の歴史散歩/楽天ブックス
■防府グランドホテル(旧 ザ・グランドホテル パレス愛) /楽天トラベル
ヨーロッパのプチホテルを彷彿とさせるゆったりとした空間。洗練されたスタッフが貴方をお待ちしております。
■天然温泉「天神の湯」 スーパーホテル 防府駅前/楽天トラベル
■駅前■150cm幅ベッド■天然温泉あり■日替バイキング朝食無料■空気清浄機■液晶TV■平面駐車52台無料
関連記事