一台の車を長く乗る(12か月点検)

2010年03月11日 05:58



旅をともにしてきた愛車 走行距離が123456kmに達し
思わず車を停めて 記念写真を撮ってしまいました。

今の車が 走10万km超で下取値が付かない→乗り潰すのが得策な事と、
欲しい車が無い&旅行には便利といった事もあって MPVに8年乗り続けています。



あわせて12か月点検の時期になったので ディーラーに点検依頼しました。
エンジンオイル、冷却水、ブレーキフルード等の油脂類の消耗パーツは
純正を定期的に交換しています。
車に長く乗りたいなら、荒い乗り方をしないよう心がけることです。
(例えば 急速な変速ショックをさせないようにする 寒冷始動時に高回転まで回さない)
そして購入したディーラーによる定期点検を受けていること。



マツダの専門メカニックが 普段目に見えないところ、手の届かないところ、
外せないところまで点検をして、
「いつ、何キロで、何の整備をした」という履歴がありますので、
点検で入庫した際に 今後可能性のある箇所の交換時期やアドバイス等の情報も得られます。
色々なで整備を受けるよりは 専属を決めていた方が無難で確実です。



12か月点検は ブレーキ関係の点検がメインですので、
距離乗る人はやっておいた方が無難です。
(罰則がないために12ヶ月点検を任意と勘ちがいする人もいます)





定期点検不要論も出ていますが、自動車は100km/h以上の速度で人を乗せて走る機械です。
点検整備していなければ安全は確保できません。
車は乗ってナンボ。
家族がいれば特に 車は装飾よりも安全にコストを掛けて 大事に維持したいものですね。

 ※ MPV 第3回目の車検の詳細はこちら 


■車の部品屋 C-parts 純正パーツがたくさん
■株式会社 スズキモータース 各メーカー純正パーツがたくさん
■クルマが長持ちする7つの習慣/楽天ブックス
■10万キロ走っても故障しない本/楽天ブックス
■ちょっと気配りするだけでクルマの寿命がどんどんのびる!!/楽天ブックス
■そんなことしていたらクルマがどんどんダメになる!!/楽天ブックス
関連記事