山口県内の温泉駅

2010年02月21日 05:58

山口県内で温泉と名が付く駅、
いずれも県内では名の通った温泉郷ですが 
湯田温泉駅(山口線)と川棚温泉駅(山陰本線)があります。

2つの駅に共通するのは 単線非電化 単式ホーム1面1線ながら
有人駅であることです。
国鉄時代からの気動車 キハ47とか 両運転台のキハ40 といた普通列車が走り
色は 山口色と呼ばれる白と黄色のツートンです。(岩徳線でも走っています)




川棚温泉駅
温泉街から2kmも離れています。
自治体による簡易委託駅であるため、早朝と夜間、土休日は無人
下関~小串までは普通列車もそれほど少なくないので 
ここに行くにはさほど不便ではありません。
かつては特急列車「いそかぜ」も停車していました。



元は相対式ホームがありましたが、現在では片方のホームは廃止され
使われなくなったホームに花壇が作られています。




湯田温泉駅



温泉街から約700m離れており 駅前に華やかさはありません。
JR西日本広島メンテックによる業務委託駅で みどりの窓口もあるほか
1日平均の乗車人員は1,000人クラスながら 信じられぬ事にKIOSKがあります。







ここもかつては川棚温泉駅同様 相対式ホーム2面に2線がありました。
 
新山口~山口間は普通列車もそれほど少なくないので
ここに行くにはさほど不便ではありません。
特急列車「スーパーおき」「SLやまぐち号」停車駅です。  





白狐が毎夜温泉に浸かっていたところを発見されたという 湯田温泉の謂れから
駅舎の新山口寄りには、白狐の像があります。


再び 春の青春18きっぷの季節となってきました。
暖かくなりますから 山口県のローカル線探訪などもしてみたいですね。
山口県の非電化区間の気動車は JR西日本の省コスト政策で
近い将来 タラコ色一色に塗り替えられてしまうので(これがダサい色)
はやいうちに記念撮影されておくと良いですヨ。

せっかく山口県の温泉に入るなら どちらかで一泊されたら良いかと思います。
湯田温泉の方が 周囲に飲み処や遊ぶ所はあります。

■中国地方の温泉と宿/楽天ブックス

■劇場旅館 川棚グランドホテル/楽天トラベル
山頭火の愛した鬼ヶ城連山に囲まれ、深緑の中ラジウム温泉をお肌と心で楽しめる宿。
温泉付離れなどお部屋タイプもいろいろ。7,350円~

■湯田温泉 ホテルニュータナカ/楽天トラベル
湯田温泉駅より徒歩8分★☆地上38m屋上露天風呂があるホテル☆★ 5,500円~  
レストランも4店舗あるので夕食も安心!!
関連記事