塩作りの盛んだった防府

2010年02月18日 05:58



この公園は 三田尻塩田記念産業公園というのですが 平成4年3月に
入浜式塩田の施設を復元したものです。


釜屋の煙突と休憩所


奥から釜屋 大壺、濃縮台 沼井 地場 あんこう 沼井


中溝を中心に.....


奥から中樋門 枡築らんかん橋 中溝

昔は 防長(山口県)の三白といって 米、塩、紙つくりは藩の重要な産業でした。
その中で瀬戸内海に面する 防府市の海岸では塩作りが盛んで
江戸時代からは入浜式塩田が開かれ 特に盛んになりました。
長州藩主毛利氏は新田の開発を進めて 広大な干拓の地先に塩田を作りました。

古浜、中浜、鶴浜、大浜の4か浜と 江泊、西浦前ヶ浜を含めて
三田尻塩田と呼ばれるようになりました。



塩田の広さは天明年間(1781~1788)の末に 350haに達して
塩も山陰、北陸、蝦夷(北海道)に移出され 三田尻塩の名は全国に知られます。
明治以降も三田尻製塩はさらに発達し 日本の製塩をリードする存在でしたが
時代の推移とともに 潮の作り方や塩の用途が変化し
昭和34年(1959)には 全面的に廃止されました。



江戸時代から約260年間 郷土の主な産業として繁栄した三田尻塩田の姿を
後世に残す目的でこの公園が作られています。
このような塩田公園は 四国の玄関・香川県宇多津町にもあります
 こちらからどうぞ→ ぶらり探訪四国の玄関宇多津

近場の旅で少し変わった場所に行きたい そう考えるむきには
こうした産業公園めぐりというのも趣向が変わって愉しめると思います。


■天然温泉「天神の湯」 スーパーホテル 防府駅前/楽天トラベル
★駅から目の前♪快眠と健康にこだわったLOHASなホテル!
天然温泉、健康朝食無料

■ホテルルートイン 防府駅前/楽天トラベル
大浴場・マッサージルーム(コイン式)での~んびりリラックス!
JR防府駅徒歩3分でアクセス抜群!朝食バイキング美味!

■アパホテル<山口防府>/楽天トラベル
■全室28型液晶TV■駐車場無料(80台収容)■ふとんはふかふかデュベスタイル
■NET接続無料&1階フリースポット設置



関連記事