川棚のクスの森

2009年10月26日 05:58



下関市豊浦町川棚にある天然記念物 川棚のクスの森に行ってきました。

このクスの森、実は1株だけのクスノキの巨木ですが
大きな18本もの枝を四方に延ばし まるで森のように見えるため
このような名前になりました。





幹は1周すると9.5m 高さは21m 枝の最も長いものは27mに達するというマンモスぶりで
大正11年10月11日に史跡名勝天然記念物に指定されました。



樹齢は1000年以上との事です。
戦国時代、雲雀毛の名馬が大内義隆に献納されたのですが、
大内義隆は陶氏の乱に遭い、この名馬もこの地で命運を共にしたのです。
この名馬の霊を慰めるため、このクスの大木を祀ることになったと言い伝えがあります。



現在でもこのクスの森は、「霊馬神」とも呼ばれており、伝承物語があるほか
3月28日を祭日とし、信仰の対象として崇め敬うなどしています。

クスノキは本州、四国、九州、台湾など温暖な各地に見られ、
山口県岩国市にもクスノキ巨樹群がありますから“それ程珍しい物ではないかも”と
これまで食指を動かされませんでしたが
やはり1株でこれだけの大木を見たのは これが初めてでした。
1本の枝は折れて地面に突き刺さり、そこからまた大きく生えています。


日本三大樹の一つ
写真に写っている人の大きさと比べると その大きさがわかります。


このクスの森を詠んだ山頭火の句碑もあります。





綺麗に掃除が行き届いており、地域の方がとても大切にされている姿勢を 垣間見る事が出来ました。
圧巻のスケール「川棚クスの森」
川棚温泉まで行く機会があれば 立ち寄るだけの価値はありますよ。


■『日本の巨樹(ビデオ)』/コロムビアファミリークラブ
■茶そばを茹でて焼いて、つけ麺で食べる山口の名物料理です。【ごくうま山口】猪俣製麺瓦そば/大村プリント工房
■酔いどれ山頭火/楽天ブックス
■山口の温泉郷/楽天ブックス
■劇場旅館 川棚グランドホテル/楽天トラベル
山頭火の愛した鬼ヶ城連山に囲まれ、深緑の中ラジウム温泉をお肌と心で楽しめる宿。温泉付離れなどお部屋タイプもいろいろ。

東京~下関を 3列独立シート・トイレ付で11,200円~
関連記事