美祢という町

2009年10月23日 05:58



わが国には炭鉱と共に栄枯盛衰したような市が 幾つか存在しますね。
代表的な所では 北海道の夕張 赤平 美唄 歌志内 砂川
福岡県の飯塚 田川 山田など 
皆さんも映画などでこのあたりの様子を
知り得る事が出来たのではないでしょうか。

山口県では美祢市が 石灰石の影に隠れていますが
昭和30年代までは炭鉱町として中国地方で有名だったのです。


鉄道、バスの閑散ダイヤに卒倒

大嶺炭田を擁する美祢は鉄道開通も早く 明治38年で。 
最盛期の昭和26年には 59万トンもの出炭があったといいます。
無煙炭でいえば 全国の半分を生産していました。
市の人口は約4万人もありましたが 昭和46年に大嶺炭田が閉山し
平成大合併の直前には1.7万人まで半減し 
日本で人口の少ない都市 十指の一つに入っていたと思います。



炭鉱なき今 美祢の市街地は 国道316号線美祢駅周辺に一極化している感があり
この周辺に 市役所など官公庁 銀行 宿泊施設 大手スーパーが建ち並んでいます
宇部セメント伊佐工場もあり 資源活用型工業は今でも健在という形でしょうか。
農業も盛んで 栗 ほうれん草 イチゴ メロン ナスは特産となっています。



町に煤けた感じがそれほど無いのは 炭鉱閉山から年月が経っている事と
付近から産出される石灰石の白いイメージがあるのかもしれません。




JR美祢駅前 これでも「市」の代表駅。

都会人はこういう町を見て「市とは名ばかり」と感じるかもしれませんが
産業史に裏打ちされた こういう町を散策するのも
私みたいな地理オタクには 密かな愉しみであったりします。
観光名所や土地の味覚は殆ど無く 強いて挙げると化石博物館くらい
(最近、合併で秋吉台も市域に含まれるようになっています)



機会があれば 美祢線に乗って 地下資源の町・美祢を訪ねてみては.....。 


■美祢グランドホテル/楽天トラベル
美祢駅から近い宿(R315とR435の交差点そば) ネットでお得に予約できます。
くつろぎの空間と真心こもったサービスで、快適なホテルライフをお楽しみ下さい。
関連記事