宇部興産道路

2009年10月14日 05:58



皆さんは 山口県に“一企業専用の高速道路”が存在する事をご存じでしょうか?

この道路は「宇部興産道路」。正式名称を「宇部興産 宇部・美祢高速道路」と呼び
全長28.27kmにも及ぶ、日本一長い私道です。

美祢市伊佐町宇部興産伊佐セメント工場から
宇部市小串の宇部興産宇部セメント工場を結び、
伊佐石灰石鉱山で採掘した石灰石と、伊佐セメント工場でつくったセメントの半製品クリンカーを
専用トレーラーで運搬しています。


(写真にダブルストレーラーが見えます。車にナンバーは存在しません)

完成は1972年で これは山口県で最初の高速道(中国自動車道)が下関と山口を結んだ年です。
(宇部興産道路は山口県の高速道路では老舗なのですね)



この道路は 一般の高速道とは 舗装規格が異なり、一般車の走行には適さないようで
制限速度も低く設定されています。
(最小曲線半径は400m、最急縦断勾配3% 
ちなみに建設費は240億円、毎年3億円かけて保守管理しているそうです)
1994年の広島アジア競技大会の際には 自転車のロードレース会場としても使用されました。

一般車の通行は厳禁で 一般道と平面交差する場所には
ランプとゲートが設置される他 踏切警報器が設置されている所もあります。
そんなわけで ネット上にも この高速道路の情報や画像は殆ど無いはず。
ルートも人里離れた位置にあり 近づくのも難しい有様....。
私は 美祢市の「万倉の大岩郷」の入口近くまで行って 撮影を敢行しました。



それにしても 一企業が大量輸送の為に 専用の高速道路を作っている場所なんて
日本広しといえども ここだけではないでしょうか。
中国道の美祢近辺の車窓から 何か変わった高速道路が見えたら
「ああ、宇部興産道路だな」と思って頂けたら...と思います。


山口県西部(宇部~下関)の施設一覧山口県西部(宇部~下関)の宿泊施設をネットでお得に予約できます。


関連記事