旅サイト制作者へ10のアドバイス

2009年07月23日 05:58

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

最近では誰もがBlog一辺倒になった感のある旅行記系サイト。

私自身も 当Blogは 3日に1回 それも毎回5:58に投稿するという
完全に“小出し小出しで計算ずく”の動きですし 
HPの方は1か月に1、2回の更新がやっとです。
旅サイト運営を7年ばかり続けただけの身で こんな事を書くのもおこがましい気もしますが
今日は『旅行記サイト制作者への10のアドバイス』と称して書いてみたいと思います。

多少押しつけがましい面はあると思いますが その辺はご勘弁!

  

①旅に出て とにかく珍しい物見たら 写真だけでも撮っとけ

  最近では携帯電話でもサイバーショット搭載モデルが出ており 
  そこそこ綺麗な写真が撮れる
  たとえ詳細を知らなくとも 「Wikipedia」や「教えてgoo」で調べ上げたり
  今の時代は幾らでも記事は書ける。
  写真の種類や点数が多ければ多いほど引き出しも増える。

  

②観光地 近くまで行ったら諦めずに とりあえず乗り込め

  雲仙の近く 諫早まで来て 空が霞んでいるからとコース変更するよりも
  (ここまで来れる機会は頻繁にあるわけでなし)
  小浜温泉 島原城など とりあえず域内に潜り込め。 
  本命の良い写真が撮れなくとも それはそれで後悔する事は少ない。

  

③サイトやブログに活気を呼び込むなら やはり掲示板
 ただリアル知人を自分から呼び込むな
 あと 掲示板が似合わんくせに 無理して開設するな


  実世界の知人は“リアル世界の自分”と“ネット上での自分”の
  キャラの違いをすぐ感じ取るから 要らんツッコミ入れられて誠にやり辛い
  硬派の俺(w......自称)は 知人にイジられるのはマジで耐えられん(笑)。
  昔の自分のヤンキー写真などをUPされてしまう危険も伴う諸刃の剣w

  掲示板は 反響の点で 励みになったり充足感を感じる事は確かに多いが
  常に見張っておく事ができなければ 掲示板は無い方は無難だと俺は思う。
  知人には 偶然見つけた俺のサイトで「スゲエや」と言わせたいと考える。

  複数ブログ&サイト制作に手間が掛かれば 掲示板に時間が取れないだろうし  
  マジで 掲示板が似合わん奴は 無理して板を開設すんな!。

  

④相互リンクは 県内から固めた方がええ

  やはり同県内のHPからリンクの輪を拡げた方が
  「へえー県内にもこんなの作る奴いるんだー」「良かった、俺一人じゃない!」
  と刺激になるし 県民性も影響して価値観も比較的近い事が多い。
  県内で身近な分 旅の紹介先も自分が行き易い所が多く ネタ作りの参考になる。
  その結果、頻繁に訪問するようにもなる。
  こちらからリンクを申し込むと 秘かに県内で知られていれば
  「実は貴サイトを以前から見ていました」と嬉しい返事が
  返ってきたりする事もある。
  また同県内の旅行記サイトは 意外と繋がりがあるもので、
  リンクしたら“類は友を呼ぶ”という感じで もう一つ集まってきたりする。

  

  

⑤ネタに困ったら とりあえず「花探訪記」をやってみろ

  桜 菜の花 花菖蒲 紫陽花 紅葉
  色彩的にも 画像的にも 載せておくと美しいからBlogが映えるし 
  何処にも写真好き 花好きはいるもので 
  あちこち網羅していれば検索に引っ掛かり 絶対アクセス増えてくる。
  (俺の当Blogの人気記事ランキングでも花は上位だった)
  
  花や自然は ネタとしても古くならない“普遍的なもの”で好ましく
  取材にそれほどお金も掛からない利点がある。
  (飲食店ネタだと 店やメニューが消滅すると情報が役に立たなくなる)
  だから俺は 外食ネタを殆ど載せていない。


  blogでのネタの探し方をもう一つ書いておくと
   ・まずは自分の好きなものを何でも列挙していく。 例えば
    自分の場合なら旅を軸に→サウナ、スイーツ、Gジャン、ギター、麻雀
   ・さらにその語句から連想される言葉を書いていく
     旅Gジャンリーバイス、米国製、サイズ、洗濯 普段使い
   ・それぞれを繋ぐの部分の文章を
    上手く引っ張って結びつける事ができたら 記事を仕立てるのは
    難しくないんだよ。
  

   

⑥HPスペースだけは メジャーな所を借りて作れ

  ウェブサイトを何処のサーバーに置くか、
  プロバイダー系だとプロバイダーを変えたらお終いだし
  有料レンタルサーバーも“いつまでHPを続けるか解らん”身にとっては
  無駄な気がするがどうだろうか?! (俺なんか最初のサイトは2年で飽きて閉鎖した)
  また俺の場合 自己ドメイン&レンタルサーバーを利用したいと思う程には
  WEB制作に必死ではないし それほど夢中な訳でもない。
  (俺は 自己ドメインのくせにWEBデザインがイモ臭いサイトこそ格好悪いと思ってる)

  一方で無料HPスペースという選択は メジャーな所が無難と云える。
  アフィリエイトをしたくなる場合に備え 規約が比較的自由ならベター
  無名な所(貧相な所)は概してコストを掛けられないようで
  表示スピードが時間帯によって遅かったり
  サーチエンジンがなかなか巡回してこなかったり
  広告のポップアップが妙にウザかったり
  サービスを突如停止するなど その永続性にも問題がある。

  

⑦ブログサービスも 自分に合った所を熟慮しろ

  頻繁な更新にあたって ブログこそ相性を考えて選ぶ事が大事。
  でないと次第にモチベーションが下がってくる。

   ●FC2ブログ……
    そこそこメジャーでテンプレートは大量、デザインや機能にこだわれる
    自由度はあるが コミュニティ系の機能はあまり充実してないので
    アクセスを集めるにはそれなりに工夫を求められる。
    (ただ 俺自身はこちらが最も柄に合っていると感じている)

   ●アメブロ……
    コミュニティ機能が豊富 ランキング アクセス解析が用意され
    受けそうな記事をマメに書こうという気にさせられる
    特定のサービス(ペタ(足跡)機能、アメゴールド(仮想通貨)、
    アメばた会議(掲示板)があるが 特定のサービスに囲まれるのを好まぬ
    ユーザーには不向きか
     (俺自身そんなコミュニティの年齢層から離れていると感じ 敬遠気味)

    ただアメブロは「アメブロde本」という 有料で本に出来るサービスが利点。

   ●SEESAAブログ……
    ブログ本来の基本的な機能がしっかり揃い容量も充分
    独自性のある機能はそう多くないが 一人で複数のBlogが作れる
    管理画面が慣れなければやや使いづらいが
    最近は再構築は不要になっている。
    コミュニティ系の機能はあまり充実してないので
    アクセスを集めるにはそれなりに工夫を求められる。

   ●楽天広場……
    画像容量が少なめで 写真中心のBlogには向かない
    楽天ブロガーは訪問履歴で見た他の人のBlogを盛んに巡回する傾向があり
    アクセス数は確かに増える。
    が、楽天アフィリエイトで利潤追求したいガツガツしたブロガーが多い。
    “記事が無く 広告を見せられるに過ぎぬ”退屈なサイトばかり見ると
    俺みたいに純粋な情報発信者(自称)は 苛立ちを感じたが...(笑)。


   なお 俺の当ブログは 現在ブログランキングに 参加していない。
   俺は3日に1回の更新間隔で ネタも今日みたいに長文でマジで書いているが
   若い女のしょうもない日記が 毎日更新するだけでランキング上位にいるわけで
   そんなのと同じ土俵で勝負するのは真っ平御免だと思っているし
   さらに本音を書けば 銭にもならんような ランキングのバナー押してもらうよりは
   アフィリエイトバナーをクリックで商品やサービスを購入して欲しいナと思ってる(笑)。

  

⑧ネタは小出しに小出しにしろ

  一気に3コンテンツをUPしても その後3か月間音沙汰無ければ
  「このサイトは野ざらしなのか」と思われてしまう。
  それよりは1箇月に1回はUPした方が
  「このサイトは生きている」と思われる。

  チビチビやる方が自分自身も飽きずに愉しめる。
  また その間に文章やデザインを推敲・見直し出来て完成度が高まる。

  暫く更新できなくとも「最近更新できず すみません」と謝る必要はないし
  (このサイト野ざらしでした とマイナス材料を自分から言う必要ない)
  平気な顔して いつものように更新しておいてよいと考える。

  

⑨見せ方の方針を定めろ

  例えば写真を載せるなら
   ・手間を掛けて撮影した美しい写真を 作品として魅せるのか?
   ・小さな写真を たくさん並べて見せるレイアウトを採るのか?

  俺の場合 HPは 写真と文章(おかずとご飯)が詰まった“幕の内弁当”。
  Blogは“一品料理”と思っており おかず(写真)やごはん(文章)が足りず 
  幕の内弁当が仕立てられぬものをBlogで単品として作っている。

  HPは横幅を770pixelに統一、これは左に“履歴orお気に入り”を表示しても
  モバイルノートパソコンで見れる寸法で 更に書けば
  A4用紙で余白を最低限にしてプリンター印刷できるサイズ。
  HPでは小さな写真をテーブルレイアウトで沢山並べて提示するスタイルとした。

  Blogは頻繁に更新できるべく合理性を優先し 写真は514×386pixelに統一、 
  (もっと横幅を拡げるとデザインが崩れる為)

  サムネール画像(大きい画像を見たい人はここをクリック)は考えていない。
  なぜなら俺自身イラチでサムネールをほとんどクリックしない人間なので... 
  (同じ理由で「続きを見る」も よほど興味がある記事以外はあまり見ない) 

  

⑩閉鎖だけは勿体ない 野ざらしでも存続させるべし

  結婚した 子供が生まれたなど 生活スタイルが激変して
  以前のように旅行記サイトが更新できなくて閉鎖するサイトも多いが
  「ここまで積み上げたのに何故?」と 俺は常に残念に思っていた。

  野ざらしでも存続させていれば 情報としての価値は残るのだ。

  赤ちゃんだった子供も ある程度大きくなれば 今度は
  “子供遊園訪問記ネタ”としても発信できるし 
  子育てに共感する層を巻き込んで 
  素晴らしい親になった貴方を確認できるのもファンは嬉しいものなのだ。

 
以上 長文にお付き合い頂きましてありがとうございました。
(あと、本音を書くと どうしても辛口になってしまって...)    
それでも何か一部分でも 何か皆さんの役に立つことがあれば 幸いです。 

PS 
 今日の記事の一番上にある動画は リクルートが運営する 『コマーシャライザーのサイト』で
誰でも手軽にCMを作ることが出来ます。
CMは約30秒~1分で ボリュームを上げるとBGMも流れます。
初心者の私でも1時間くらい(作成時間30分・写真選択30分)で作成出来ました。
 (コメントを自動作成してくれる機能もあります)
さらりと作れて 結構楽しいしお薦めですよ!。




■中高年のためのパソコン講座 ホームページをつくろう(DVD) /コロムビアファミリークラブ
■検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書/楽天ブックス
■ヒット率が上がるホームページの作り方/楽天ブックス
■儲かるホームページの作り方/楽天ブックス
■初心者でもできる!繁盛ブログになれるSEO入門/楽天ブックス
■プロがこっそり教えるウェブ制作術改訂第2版/楽天ブックス
■デジタルステージBiND for WebLiFE 2 Windows版/かがつうシステム.I’s
関連記事