周防大島の久賀

2009年07月11日 05:58



現在では周防大島の自治体は 周防大島町のみですが
合併前には島内に4つの“町”が存在していました。
旧久賀町の主邑であった久賀地区を“ぶらり町歩き”してみました。



久賀は大島郡内では 警察署をはじめとして官公庁が最も多く
銀行は 周防大島で唯一、山口BK、西京BKの双方が支店を設け 
スーパーマーケットはピクロス、中央フード、Aコープが出店し(3軒は大島最多)
周防大島唯一の自動車学校もあるし 商店街も整っており
本土の諸都市へのバス便(広島バスセンター&岩国駅、柳井駅行き)も
ここから発着するなど (町役場の本庁所在地こそ旧大島地区に譲りましたが)
名実共に久賀は周防大島の中心拠点的存在です。
東和、橘、大島地区への距離もほぼ等しく 
島の住民にとって利便性は良いですね。



久賀のバスセンター 観光案内所も入っています。
防長高速バスは大島では唯一 久賀まで2往復が乗り入れています。
久賀以東はやはりバスの便数も少なくなります。



久賀港
この港から 大島大橋開通前は岩国の通津へフェリーも就航していました。
現在、久賀には旅館は1軒あるのみです。



久賀の商店街 (サンロードと名付いていたはず)
洋品店、雑貨屋などが並ぶ商店街 カラー舗装もされています。
鉄道が無いので駅こそありませんが
町場の形成ぶりは 周東町(現岩国市)の高森 豊田町(現下関市)の西市
錦町(現岩国市)の広瀬 など 元の“町”等と拮抗しています。 



商圏的には柳井圏に包合されるのでしょう。
大島大橋の無料化で 近年は買物客の島外流出が顕著です。
(以前は家具屋もあったのにナァ...)



パチンコ 久賀ホール
現在は潰れていますが こういう店が最近まであったのです。
パチンコ屋は 今はもう旧大島町の三蒲に 1軒あるのみです。
(人口は久賀地区で人口4000人位 大島全体で人口22000人弱)

高齢者が多いという人口構成と 国道以外は狭道が多い事が要因かと思いますが
島内には軽自動車が実に多いです。
自動車ディーラーといった華やかなものは島内に無く
整備工場を兼ねた町のモーター屋で 購入や点検を済ます人が多いのかも。


 
久賀には醤油杜氏が多かったといわれ 幕末から昭和10年代にかけて
山口県内ばかりか 満州にまで出向いて醤油作りをしていました。
杜氏の存在が 昭和初期に組合経営の醤油工場が建てられる礎となり
この醤油工場の跡が久賀歴史民俗資料館なのです。
久賀歴史民俗資料館の詳細については 後日のBlogで書きたいと思います。


■周防大島温泉ホテル大観荘/楽天トラベル
客室、露天風呂より瀬戸の景色夕陽を楽しめます。
■ホテル&リゾート サンシャインサザンセト/楽天トラベル
周防大島の南欧風リゾートホテルで白い砂浜がホテルの目の前です。
■瀬戸内荘やまもと/楽天トラベル
周防大島は魚の倉庫 瀬戸内海で摂れたての海の幸をご堪能下さい。
関連記事