シティループバスは最近のトレンドか

2009年04月28日 05:58

最近 主要都市の定期観光バスが廃止の憂き目にあっているという報道を耳にします。
岩国は随分前に廃止されましたが 
昨年の3/31に大阪市の定期観光バスが廃止された時 
あんな観光客の多そうな大都市で?!と 驚いたものでした。
名古屋、松山、熊本の定期観光バスが最近になって相次いで廃止されましたし
山口県下ではサンデンの下関市内定期観光バスも 今年3/31で廃止されました。

地域の名所や景勝地を巡り、コースによっては地域色に富んだ食事も楽しめる定期観光バスは
3~8時間程度の日帰りコースが組まれ、一人でも気軽に利用できますし
車両も観光バスや専用車など エアサス車でグレードの高いバスが多く
懇切丁寧な観光ガイドの 客を飽きさせぬ巧みな話術も含めて(これが最大の魅力かも)
その土地を初めて訪ねるビギナーにうってつけでしたね。

しかし、近年は旅行形態もさまざまな型に拡がり 定番観光地巡回ではリピーターが増えない事もあり 不景気の今 定期観光バス事業から撤退する業者・地方公共団体が増えているのが現状です。

その一方で 地方の大都市でこれに代わる勢力となっているのが 
都市内循環型の 『シティループバス』です。



この手のバスは バスガイドや添乗員が乗務・引率せずに
市内の主要駅 中心街、観光名所などを巡回するというシステムのバスで
一乗車200円~250円 一日乗車券で500円~700円程度
勿論 予約不要で 好きな所で降りて 好きな所で乗って良い という
独自プランの旅を楽しみたい向きには 極めて“使える”バスといえます。
(シティコミュニティバスの発展型といえましょうか)

少し前ですが 博多に行ったので
昨年9月より運行を開始した 福岡のシティループバス「ぐりーん」を早速利用してみました。
このバスは博多駅から キャナルシティ博多 天神 福岡都市高速 
福岡タワー ヤフードーム 大濠公園 福岡城西 柳橋連合市場などを経由します(一周で80分)

博多の観光に最適ですし 一日乗車券でも700円と格安、
バスガイドは居ませんが 車内の放送(英語と韓国語も)案内や
液晶パネル画面で観光地情報を流していますし
バス乗り場の博多駅交通センターでは“ぐりーん”のパンフや
一緒に配ってくれた観光ガイド「福岡、博多ぶらぶら散歩読本『ヨカトコ』」に
観光情報が掲載されています。  

一日乗車券利用者には 各種施設割引等 ↓様々な特典があります
http://www.nishitetsu.co.jp/bus/green_bus/tokuten.htm



博多ぶらぶら散歩読本『ヨカトコ』は見るだけでも面白いですね。
博多駅交通センターで「ぐりーん」一日乗車券購入時に 一緒に配ってくれます。 

このバスの運転間隔は平日は30分ごとですが
福岡都心フリーエリア内であれば、一般路線バスにも乗り降り自由なのが嬉しい所。
福岡名所をピックアップして回る路線になっており
その他の名所や大都市福岡の拡がりを車窓から眺めることもできます.



バスのデザインはドーンデザイン研究所主宰 水戸岡鋭治氏で
この人はJR九州の特急車両も手がけた方。
バスは緑を基調としたデザインとなっています。見つけやすいのもGOOD!
内装は木材を使用したものとなり、落ち着いた空間を演出しようとしています。

ノンステップ車ではなくワンステップ車、
また乗り心地もイマイチですが エアサスの高速バスとかでない限り
まぁ市内路線バスは 概してどれも同じようなもの

高速道路上から見る博多湾や福岡の街並み
 ↓↓  「こりゃーええ眺めじゃのー」



 「でかい街じゃのー」 田舎モン丸出しですけど(笑)
福岡市の人口144万はすでに 山口県や長崎県の人口に匹敵します。 
支店経済都市だけに東京人が多く 大学生が多い事で
西日本で唯一 ファッションも大阪よりも東京寄りで 昔から垢抜けていましたね。
私もスーツ誂えやコートなど重衣料の購入は 広島でなく博多に出ていました。

ただ福岡市内の車の運転は気を遣います。 まぁ、だから当バスを利用したようなものですが。
(山口県の道が牧歌的すぎるんだろ?! と言われそうですね...w)






福岡タワーで下車してタワーから街を眺めたりもしましたが
今日の記事が長くなってしまったので それは次の機会に....。 

運行は西鉄が担当しています。
西鉄は福岡都心部を中心としたエリアに100円バスを早くから登場させていましたが
シティループバス「ぐりーん」登場は 機を見るに敏といった感じですね。
私は 福岡市観光に「ぐりーん」をお勧めします。

福岡市は九州の雄都としての活気がありますが 観光需要の拡大も目指しています。
シティループバスは地方の主要都市のメインストリームとなっているようで 
近年増大しており 私が知る限りのシティループバスは下記の通りです。 

●神戸交通振興(株) 神戸シティループバス
http://www.kctp.co.jp/cityloop.html

●横浜市交通局 観光スポット周遊バス「あかいくつ」
http://www.city.yokohama.jp/me/koutuu/bus/akaikutsu.html

●なごや観光ルートバス「メーグル」
http://www.ncvb.or.jp/routebus/ 

●仙台市観光シティループバス
http://www.kotsu.city.sendai.jp/bus/loople/index.html

●福岡シティループバス「ぐりーん」
http://www.nishitetsu.co.jp/bus/green_bus/

●伊予鉄バス まつやまマドンナバス
http://www.iyotetsu.co.jp/kankou/madonna.html

●北陸鉄道バス 城下まち金沢周遊バス
http://www.hokutetsu.co.jp/unko/LOOP/LOOP.htm

●加賀周遊バス
http://www.tabimati.net/access/inkaga/canbus.php

●呉探訪ループバス『くれたん』
http://www.kurenavi.jp/html/topics_info020.html

●松江市交通局 ぐるっと松江レイクラインバス
http://www.matsue-bus.jp/lake_line_bus/index.html

広島市内にもシティループバスの運転が待たれますね
広島駅→マツダzoomzoomスタジアム→比治山現代美術館→宇品港(松山からの客を乗す)→平和大通り(復興の象徴)→平和公園南(原爆資料館)→相生橋(原爆ドーム)→紙屋町(中心街)→広島城→縮景園→広島駅 
 こんなのが運転されれば相当便利と思うんですがね。





関連記事