山口県最大級のショッピングモール

2009年03月29日 05:58



山口県最大といえば賛否両論あると思いますので 
山口県下最大級のショッピングモールという書き方で紹介します。

当方は岩国市在住なもので ココには20年ぶりに寄ったのですが
山陽小野田市の“サンパーク小野田” 昨年5月にリニューアルされ
山口県最大級のショッピングモールとなっていました。

サンパーク小野田は山口県内での いわゆる“郊外型ショッピングモールのはしり”的存在で
それまで隣接する宇部市に流出していた旧小野田市の買い物客の回帰を狙い
近隣型商業複合施設として26年前にオープンしました。



当時は 大規模商業施設は駅前一等地にあるものという概念があり
若かった私も「あんな工業地帯の外れによく作ったものだなあ」と感じたものでした。
モータリゼーションの発達で 地方の中心は郊外型商業複合施設に移行している訳ですから
まさに隔世の感があります。

サンパーク小野田単体でみると成功したようですが、
1990年代以降の宇部、小野田エリアの商業集積は 小野田サンパーク周辺のみでなく
妻崎開作(国道190号線の宇部と小野田の中間)に ロードサイド店舗が並んだり
逆方向の宇部市明神町(宇部岬の方)に大型店舗が進出したり ベクトルが分散型で
店が店を呼ぶという形にならなかったのが 惜しい点です。
 (このあたり末武地区に集中する下松市と対照的です)

小野田地区の既存市街地(といっても昔から大した事はなかったが(失礼))の空洞化
といった問題は残りましたが 山陽小野田市の買い物客の回帰にとどまらず、
宇部市・美祢市一帯を商圏に取り込むことに成功しています。



昔は熊本系の寿屋がコアテナントでしたが 寿屋なき今は松山系のフジグランが核となり
それに約140店の専門店が入居しています。
スターバックスコーヒーや無印良品 ABCマートなどがあるし 
(売る方は「宇部小野田のファッションは サンパーク小野田から」って思っていたりしてネ(笑))
そんな訳でモール内は中央資本の店舗看板ばかり並び
洗練こそされていますが 中性洗剤で洗ったような印象(喩えは悪いが)を受けます。
尤も 小野田の土着色を打ち出せと思っても それを望む人は極く僅かかもしれません。



中央の吹き抜け通路は 広島ソレイユ、ゆめタウン広島等と共通ですが
やはり25万人都市圏だけに 歩く人が非常に少ないのが印象的!
若者向けのテナントを大量に入れたところで
「マジでやっていけるんかいのー」と思ったのが本音(失礼)。

何か買い物の目的があったわけではなく…
最近服と靴は楽天のネットショップで買ってるし 
しばらく買い物止めようと思ってましたが
結局 本屋で本買っただけでしたけど...。 

駐車場は2200台収容 小野田線の駅から10分 連絡バスもあるようですが 
自家用車利用が前提の施設でしょうね。



全国共通レイアウトのフードコートで、全国共通のメニュー、全国共通の味
食べながら「なんだかなぁ」と空寒さを感じたのは 私だけ?!



山口県民の皆さんは 小野田サンパークに行かれた事はありますか?


▼買い物に出かけるのが面倒なら ネットで豊富な選択肢の中からお得にお買い物を!!




関連記事