開港150年・函館の魅力その1

2009年03月26日 05:58




日本最初の国際貿易港・函館 
ペリー来航と共に1859年に開港され
異国文化を横浜や神戸に先駆けて取り入れ、北の地から洋風文化を発信してきました。

明治の思想家、幸徳秋水は「東北に進むにつれだんだん暗くなる気持ちが、
一旦津軽海峡を越えるとたちまち夜が明けたような気持ちであった。
言語において、風俗において、電灯や電話等の物質的進歩において、
かえって東京の方が恥ずかしく思われるくらいであった」と称えています。




戦前は 仙台以北で最大の人口を誇り 繁栄を続けた函館も
戦後は国際貿易港の地位を失い、青函トンネル開通後は貨物輸送の機能も失い
30万近い人口を抱えながら高速道路も未だなく、人口は減少の一途・・・・
そんな往年の港湾都市ではありますが 
町を取り巻く風景が多彩な事と 明治期に発展していたおかげで、
観光名所の豊富さでは 特筆すべきものがあります。



函館市では8月に開港150周年を記念するイベントが開かれるようですが
こちらでは一足早く 函館のエキゾチックなスポットを
これから 時々、数回に分けて写真で紹介していきます。
お楽しみに!





■紅鮭飯寿司 函館朝市 函館カネニ

■送料無料【函館】五島軒カレー&乳蔵ヨーグルトセット
ギフトプラス
■函館の名店『五島軒』のカレー五島軒函館カレー【辛口】
北海道お土産探検隊

■特撰甘塩いくら  函館朝市 函館カネニ

函館(2008) 楽天ブックス

■函館 大沼
楽天ブックス

■『北海道百景(DVD)』
コロムビアファミリークラブ

■北海道限定kitty函館天使バージョンキティ根付
北海道物産展の「北の森ガーデン」

■函館恋愛物語 楽天ブックス
 函館市内の宿泊施設をネットでお得に予約出来ます。

関連記事