高速道のガソリンスタンド廃止

2008年12月01日 05:58

広島県廿日市市の中国自動車道・吉和SAのガソリンスタンドが
昨日11月30日を以って廃止されました。

山陽自動車道の開通以降 車の流れが中国道から山陽道にかなり移行し
ガソリンスタンドの利用が極端に少なく 今後も利用増加が見込めない事、
最近の急激な原油価格の乱高下による収益圧迫などが要因で
事業者が撤退したそうです。




中国道のガソリンスタンドの撤退は 実は最近とみに多くなっており
2005年の9月に 中国道の鹿野SA(山口県周南市)、帝釈峡PA(広島県庄原市)で
ガソリンスタンドが上下線とも廃止されました。

“本州なら 高速にさえ乗れば 全てのSAでガソリンが入れられるから安心...”
といった話は とうに昔語りになってしまったのですね。

車種によりまちまちですが 2000CC級普通車でフューエルランプが点灯すると
残りガソリンが8~10リッター切った という事ですから
燃費がリッター10kmとして 残りは80km走れるのが精一杯です。 

それが 吉和SAのガソリンスタンドが廃止された事で 中国道下りは
安佐SA(広島県広島市)から 美東SA(山口県美祢市)まで
何と約150kmの間 途中給油が出来ません。非常に心許ないですが
ガス欠のトラブルにならないように よく注意して運転してくださいネ。


■安全第一!火気厳禁。ワイズギアステンレスガソリンタンク10L【消防法適合品】ガソリン携行缶 1... /アーマテクノMPS錨屋マリンギア

■【全国どこでも送料無料!】危険なガソリン、安心携行!【スマートタイプ】ワイズギアステンレ.../アーマテクノMPS錨屋マリンギア



関連記事