今日と明日 酒都西条で酒まつり

2008年10月11日 05:56


広島県東広島市の西条は 日本3大銘醸地と呼ばれる酒造りの町として有名です。

酒都西条で10月の第2土、日曜日には 酒まつりが行なわれていますが
今年の酒まつりは 今日と明日の2日間開催されます。
酒まつりで 西条に行ってみたいと思われる方のために 
今日のBlogでは 酒都と云われる西条を写真で紹介いたします。


西条は 町の北側にそびえる龍王山から流れる豊かな名水(西条独特の中硬水)と
海抜200mの西条盆地は寒暖の差の大きい高地で 良質の米に恵まれたこと
そして日本酒の発酵、熟成、貯蔵に最適な風土であったため
明治から大正、昭和にかけて井戸のある場所に次々と酒蔵が建ちました。


JR西条駅の正面を東西に伸びる酒蔵通り界隈には 8つの蔵元が集まっています。
西国街道の一部であり 宿場町として栄えたこの付近には 
なまこ壁や赤レンガの煙突とともに 大名が泊まった本陣跡やかつての商家など
古い建物も残されています。


旧山陽道に沿って並ぶ酒蔵群は 何世紀もの歴史を刻み
白壁、なまこ壁、赤煉瓦の煙突が調和して美しい。


神戸の灘の酒が辛口の「男酒」 西条のまろやかな酒は「女酒」と呼称されます。


かつては20~30軒あった酒蔵は、現在8軒を残すのみですが
西条の8社と同じ東広島市の黒瀬と志和の2社からなる“西条酒造協会”を成立させ
西条の酒造りを守り続けています。
酒まつりも 西条酒の魅力を認識してもらい 若年層の日本酒離れから 
日本酒文化を守るために 試飲イベントから始まったと云われています。


西条の酒が どんな歴史や特徴を持ち 酒造文化の継承のために
杜氏や蔵人はどんな工夫や努力をしてきたのか
お酒が飲めなくとも 西条の町並みや文化に触れるのも一興ではあります。


酒まつりは 酒蔵の一般公開や酒蔵コンサート、全国の名酒を味わえる酒ひろば、
東広島の名物料理“美酒鍋”が楽しめるなど イベント盛りだくさんですので
最近では20万人以上の観光客が集まります。
東広島市だけでなく広島県を代表するイベントに成長しており
山陽本線の電車や西条駅は 大混雑が予想されますが 美酒を試飲されるなら
絶対に車ではなく 電車をご利用下さい。

■ 西條鶴 大吟醸 原酒 神髄 1800ml (化粧箱付) [ きき酒師 一押しの絶品!広島地酒 ] /広島お酒スタイル
■【宮内庁御用達蔵】 賀茂鶴 純米大吟醸 大吟峰 1800ml/世界のお酒ニューヨーク
■【安芸西条の銘菓】お菓子の蔵さくらや 酒カステラ【穂の香】 [ 安芸広島より 『 逸 品 』 お... /広島お酒スタイル 
■西条酒造り唄(広島)/宮崎音頭(宮崎)/楽天ブックス

東広島市とその周辺の宿泊施設をネットでお得に予約できます。

西条は 広島空港から至近!
関連記事