福岡と博多

2008年10月25日 05:59



九州を代表する街・福岡市。都市の名称こそ福岡となっていますが 
私たち本州の人間には 新幹線の駅もある“博多”の方が
ポピュラーに呼称されますね。

福岡と博多 元々は那珂川で二分された性格の異なる2つの町でした。
町としての歴史は博多のほうが遥かに古く 700年代後半の奈良時代に出てきたのに対し
福岡は 関が原の戦いの後、福岡藩主として黒田長政が筑前に入城してからです。



写真は「福博であい橋」や「春吉橋」から撮ったもので ここ那珂川が境界となります。
藩政時代は博多は「商人・町民の町」、福岡は「武家の町」として発展しました。

明治になり1889年の市制施行時に 2つの町は双子都市ではなく
合併して1つの市になる事になりました。 
市名を福岡市にするか博多市にするかでモメ、
議決時に福岡側のメンバーが博多側をトイレに閉じ込めた
というエピソードもあるそうです(本当かウソか定かではありませんが) 

市制施行と同年に鉄道も通じましたが こちらの駅名は博多を名乗らせる
と云う事で懐柔され(笑)一件落着したようです。

それから80年以上過ぎて 福岡市は1972年 札幌、川崎と政令指定都市に昇格しました
その時に区名として博多区が誕生しました。
2つの町は歴史こそ違えど 市街地は完全に一体化し
車窓から見る限り その雰囲気の違いは全く解かりません。
博多区側の中洲は夜の街 博多駅周辺はビジネス街、
中央区側は商業施設とビジネス街ですが 地名の響きが赤坂とか大濠公園とか
けやき通りとか ややハイソな感じ(笑)がしますね。
(博多区側は 雑餉隈とか麦野とかありますから....)


博多区中洲


中央区天神

中央区(福岡側)の天神は 商業集積が厚みを増している一方で 
博多区(博多側)の中洲は デパートの玉屋が消え 映画館も1館だけになるなど 
商業的には圧倒された感がありますが
九州新幹線の2011年開通を控え 新博多駅ビルが完成しますし
これからに乞うご期待 といった感じでしょうか。

活気がある福岡市。皆さんも行く度に何か発見があるでしょうね。


■目と舌で味わっていただける、食通へのおもてなしギフト。《ダイショー逸品ギフト》蔵出し 博多.../ダイショー オンラインショップ
■舌の上で真珠がころがるような、まろやかな味わい千鳥饅頭総本舗 博多銘菓・千鳥饅頭(10個入)/JR九州商事オンラインショップ
■「 TVで話題の納豆石鹸!ポリグルタミン酸(PGA)配合!筑前博多丹念石鹸/べっぴんDO
■博多学/楽天ブックス
福岡市内の宿泊施設をネットでお得に予約できます。
関連記事