春日大社

2008年08月29日 16:14

2010年の平安京遷都1300年を控えて注目される奈良県奈良市。
修学旅行でしか行っていない という方も多いのでは...。

来年はあらゆる平安京1300年キャンペーンで賑やかしくなっていましょうから
今年のうちに 素朴な古都を満喫されるのも一興です。

まずは 誰もが納得される 奈良公園を軸に歩き回ると良いでしょう。
春日大社からご案内いたします。

>

春日大社
世界遺産として名高い春日大社は 石灯籠が並ぶ長い参道
緑の原生林の中 朱塗りの建造物の風格を感じる佇まいが印象的でした。

境内は時間自由 入場料なし
本殿特別参拝 9:00~16:00 参拝料500円
神苑 9:00~16:00 入苑料525円
宝物殿 9:00~16:30 入場料420円

>


奈良のシンボルといえる鹿は、国の天然記念物に指定され 1200頭もいます。
人を怖がる事がないので 鹿煎餅を持たずとも触れ合う事が出来ますが
発情期には注意して下さい。

>

奈良で鹿が大切にされているのは
茨城県鹿嶋神宮の御祭神の武甕槌命(たけみかつぢのみこと)が白鹿に乗り
御蓋山(みかさ山=春日山)の頂上に降りたという伝承が由来となっています。

この春日大社のおみくじを鹿みくじと呼びます。
おみくじをくわえた沢山の木片の鹿の中から選択するようになっています。

最近文化財に落書きする“ドたわけ”が増えていますが
国民の財産にそんな事をする人の気が知れませんね。

奈良市内の施設一覧
●奈良市内の宿泊施設を ネットで予約できます
関連記事