倉敷チボリ公園 今のうちに

2008年08月25日 05:59



倉敷市の倉敷チボリ公園、花と緑に溢れた素晴らしい公園ですが
今年限りでその営業を休止してしまいます。
チボリ公園の運営は、県出資の第3セクター チボリジャパン社が行っていますが
昨年度決算で入園者数が開園以来最低の75万人になってしまったそうです。
(開園時の1997年は298.6万人)累積損失は既に143.62億円。
8月はじめに 2009年1月以降は公園の営業を断念との結論が出てしまいました。

チボリ公園は一度行くともう充分とか、あまり代わり映えしない
といった声も聞きますが
入場料も引き下げられ2,000円が1,500円になりましたし
駅北口を降りて直ぐという地の利もあります。

倉敷の旅で 美観地区で白壁の町並みの美しさに浸り
大原美術館で 一同に集結した名画の数々に驚嘆し
チボリ公園では コペンハーゲンを模した町並みを歩く...
日帰りでも 大変濃い内容の旅が愉しめるのです。


花と緑に包まれた公園 飲食店も多彩です。
各種アトラクションで遊んでも良し、
19世紀の街並みを再現したオールドコペンハーゲンでお土産探すも良し。


チボリ湖のほとりに佇むのはアンデルセン交流館。

再入園ゲートでスタンプを押してもらえば 当日のみ再入園OKです。



今のうちに チボリ公園を探訪するのも
倉敷の素敵な思い出になるかもしれませんね。
倉敷駅のすぐ北側です。青春18きっぷが残っていたらいかがですか?


倉敷の宿泊施設をネットでお得に予約できます
関連記事