間違いだらけの宿泊予約

2008年08月02日 05:53

皆さんは、旅での宿泊予約 自分で宿に直接電話予約されるでしょうか?
旅行代理店に希望だけ伝えて全部お任せというタイプでしょうか?
或いは ポンポンとパソコンのキーを叩いてネット予約でしょうか?。

ちなみに私は 楽天トラベルを利用してのネット予約が多いです。

上写真:楽天トラベルを利用し予約した宿で...

なぜ楽天トラベルが多いか....
やはり楽天のポイントが獲得出来る というのもありますが
最大手だけに 幅広い選択肢の中から 国内の宿泊施設予約が出来て
システムも完成の域に達しており使い勝手がよいという事に尽きます。
また 前身の“旅の窓口”がビジネスホテルに強かった点も優位でした。
私はホームページを通じてアフィリエイトを利用していますが
獲得ポイントを宿泊代に充当する事も出来ます。

Web上で、価格帯で並べ替えられたり 各種コースと写真を比較検討出来たり
宿泊施設利用者の感想の閲覧も可能です。
電話帳や時刻表巻末の広告見て 適当に予約してた頃を考えると隔世の感があります。

今はネット予約を駆使しまくってる私ですが
それでも今から8年前の2000年の冬休み、未だ「ぶらり探訪」開設の前に、
某温泉地の宿を(笑)ネット予約した時の事、
予約した筈が 実際には予約が入っていないといった
トラブルに遭遇した事がありました。
その時、私がネット予約したサイトは 
WEB旅行業界に参入したばかりの中小の旅行会社(WEB会社?)で
上手いことシステムが稼動していなかったのかもしれません。

こんな事を書いて良いのか悪いのか分かりませんが、
一部の、二流・三流の温泉旅館の中には
“予約したのにすっぽかし といういい加減な客も多いので 
一定率のオーバーブッキングを見込んで予約を受ける”という 
誠意に欠ける所もあります。
それが たまたま誰もかれも予約通りにチェックインしたのか 空室が無く
大手旅行代理店を通さずに個人で予約した私は ナメられて
向うに“知らぬ存ぜぬ”の一点張りで通されたのでしょうネ。
ああいう時 旅館は「私共に落ち度はありませんから」で通し続けると
いつのまにか態勢が逆転してしまうのです。
(まぁ一歩間違えると信用ガタ落ちという 諸刃の剣ですが...(笑))

今だったら私も、
予約当日に再確認の電話を入れ チェックイン時間を伝える 
など念を入れますが 当時はそこまで頭も回らなかったですし....。

ちなみに“予約した筈がなされておらず“知らぬ存ぜぬ”でツッパられた”時
私は“男たるもの 紳士的に振る舞え”と思っているので(笑)
心の中では「ワリャー話にならんのー!」と怒鳴りたい所を
低い声で「ああ そうですか、もう結構です」と退散しました。
こういう所で泊まったとしても 
良いサービスが期待できる訳がありませんし
「何故こんな宿を儲けさす必要があるのか?」と感じてしまいますから。

そんな事もあり私は、 知名度の高い大手の宿泊予約サイトを利用して
予約画面プリントアウトで予約するのが正解だと考えます。
WEB予約ならば 楽天トラベルが使いやすいのでお薦めします。

それでも“WEB予約よりも自ら電話をかけて予約したい”というポリシーがある方は
次の点に注意されると良いでしょう。 
・電話口の担当者が 自ら「○○苑の○○と申します」と名を名乗るか?
・「お客様の宿泊は○月○日~○月○日 和室5名、料理は海鮮Aコースですね」などと
 最後に復唱確認するなど 基本中の基本が出来ている所
・露天風呂の有無や 部屋の付帯設備、周辺の観光施設など 突っ込んだ質問をしてみて 
 はっきりした返事が返ってくる所
 (周辺の観光施設(例えば鵜飼いが何月から始まってるか? 等)にまともに答えられぬ所は
  概して投げ遣りであり、良い宿は「こちらから鵜飼舟のご予約も出来ますよ」と言う筈) 


夏休みも1ヶ月弱となりますが これから何処かへ旅される皆さんも 
良い宿が見つかるといいですね。




関連記事