旅とベッド

2008年07月15日 05:34

>

健康維持に欠かせないもの..... それは、
バランスの良い食事 適度な運動 そして充分な睡眠ですよね。

しっかり休息をとってこそ活力が生まれる と信じていて疑わない私は
旅に出ても ホテルの部屋のベッドがやはり気になります。

朝日を浴びる事は人間の体にとって非常に大切で
睡眠中に優位だった副交感神経から 覚醒時の交感神経にスイッチが切り替わる際
切り替えが上手くいかないと その日はマイナスのスタートになるわけです。
睡眠を疎かにすると 疲れがしっかりとれず
ぶらり探訪どころではありませんし 肌も荒れてメリットもありません。

睡眠時間を快適に過ごす為には 
ベッドが硬すぎても柔らかすぎても駄目なので
当たり外れを避けて あえて和室を選択する事も多いです。
例えばウォーターベッド、これが私に合いません。
あれって翌朝“腰に来てしまう”んですよね。
鈍痛で歩き辛かった事を憶えていますが 
米国人はウォーターベッドを好むのが不思議です。

宿泊施設のネット予約が普遍化し 
以前は電話を掛けると どんな部屋か分からぬまま 予約せざるを得なかったのが
今では 部屋の画像を居ながらにしてWeb閲覧出来る所も増えてきました。
が、今の日本では“当館は人間工学に考慮したドイツ○○社のベッドを使っています”
などといったアピールをされているホテルが まだ殆んどありません。
健康度向上ホテルといった触れ込みで 高級ベッドの採用、岩盤浴、足裏マッサージ、
薬膳鍋、有機野菜食べ放題の店 がセットになれば 好評を博すかもしれませんね。
 

■【送料無料】ユニゾン(クイーンサイズベッド)【ボンネル・マットレス付】【ボーナス特集2008夏】ベッド専門店-THE BED ROOM

関連記事