宇部のあさりもなか

2008年06月26日 05:46



宇部の銘菓にはいろいろありますが、地味ながらも地域らしさを感じるのは
やはり「あさりもなか」でしょうか。

神武天皇が日向から今の馬関(今の下関)を過ぎ牟部(今の宇部)に立ち寄り
さらに周防富田(今の新南陽)に上陸した所、土地の豪族から
あさり貝を沢山献上されたという伝説にちなんだものです。

富田に限らず 宇部から小野田まで一帯の“周防灘のあさり”は定評があり、
宇部市内には所々に貝塚も発見されています。
宇部という地名も 牟部が訛ったという説の他に
「海辺」「海の部」からの意味があるとも云われますが
漁夫や水先案内人も多かったのでしょうか。

なお山口県内で あさりの貝汁が旨いのは 山陽小野田市の「みちしお」 
見た目は、長距離運ちゃん向けのドライブインですが
貝汁も温泉もお薦めです。


あさりもなかは 白い鉢巻姿の一口もなかで 裏に「いのくま」と刻印されています。
宇部の東岐波、西岐波あたりの遠浅の海岸は、いかにもあさりが採れそうですね。



東京⇒山口宇部 往復限定ANA 激安航空券(ボックストラベル)


宇部全日空ホテル宇部全日空ホテル 山口県の空の玄関宇部の中心街に佇む宇部全日空ホテル。
空港でタクシー拾い「それ何処ですか」と聞かれる心配不要。


国際ホテル宇部国際ホテル宇部 設備のわりにリーズナブルな料金。
空港でタクシー拾い「それ何処ですか」と聞かれる心配不要。


ホテルメディア宇部ホテルメディア宇部 宇部市中心地に位置する都市型ビジネスホテル、冷蔵庫、ドライヤー、ズボンプレッサー、など付属アイテム完備


宇部ときわ湖畔ユースホステル宇部ときわ湖畔ユースホステル 市街地の高台、満天の星空と常磐湖畔遊歩道散策で、リフレッシュしませんか。
関連記事