宇部・石炭記念館

2008年06月14日 06:09



山口県宇部市は、かつて日本一の海底炭田を有した炭鉱の町でもありました。
大正時代の炭鉱景気で“村”から一躍“市”になったのです。
隣の小野田を含めると 全国の1割を掘り起こしたといわれた炭鉱は
昭和42年にすべて閉山しましたが、
今度は同じ臨海部に化学工業が集積発展し、他の鉱業都市とは異なり運良く
衰退を免れ、山口県瀬戸内海側の一翼を担う 化学工業都市として転身しました。

この石炭記念館は、宇部の発展の基礎となった石炭鉱業の歴史を残すため
宇部炭発祥の地である常盤湖畔に昭和44年に建てられた日本初の石炭記念館です。
入館は無料というのが嬉しいですね。



海底炭田の様子が一目で分かる模型です
宇部の海底炭田は、海岸から10km沖の海底にまで伸びていたそうで、
代表的な炭鉱であった沖ノ山、東見初炭鉱の坑道は無数の枝葉を拡げていました。




宇部炭鉱の歴史資料が数多く展示され、地下には採炭場を再現したモデル炭鉱もあります。


宇部炭は、他の石炭に較べ安価だったので大阪、北九州へも多く送られ、
1952~54の朝鮮戦争特需の頃は「黒ダイヤ」と呼ばれ最盛期でした。  

炭鉱で働く女性の姿、宇部の歴史と民俗、炭住での生活模型などを通じ 
私達は、今日の宇部の繁栄の陰に 事故と隣り合わせという劣悪な条件で
重労働していた先人達の苦労も学ばねばなりません。



紅白の櫓は 東見初炭鉱で最後まで活躍した立坑櫓を移設し
エレベーターを付けて展望台としたもので 常盤湖や宇部市街を一望出来ます。






地理歴史オタクには楽しめる石炭記念館 
常盤公園に行かれたら是非立ち寄って見られては如何でしょうか。



東京⇒山口宇部 往復限定ANA 激安航空券(ボックストラベル)


宇部全日空ホテル宇部全日空ホテル 山口県の空の玄関宇部の中心街に佇む宇部全日空ホテル。
空港でタクシー拾い「それ何処ですか」と聞かれる心配不要。


国際ホテル宇部国際ホテル宇部 設備のわりにリーズナブルな料金。
空港でタクシー拾い「それ何処ですか」と聞かれる心配不要。


ホテルメディア宇部ホテルメディア宇部 宇部市中心地に位置する都市型ビジネスホテル、冷蔵庫、ドライヤー、ズボンプレッサー、など付属アイテム完備


宇部ときわ湖畔ユースホステル宇部ときわ湖畔ユースホステル 市街地の高台、満天の星空と常磐湖畔遊歩道散策で、リフレッシュしませんか。


フレスパランド カッタの湯 カプセルinUBEフレスパランド カッタの湯 カプセルinUBE
1階がスーパー銭湯で、様々なお風呂・サウナが楽しめる。

ホテル駅前ホテル駅前 シングル1泊\4,000より、宇部市の玄関口宇部新川駅前。長期滞在ビジネスの拠点に最適。
フロント対応は朝6時から24時までです。
仮に満室でもOK。市内に4ヶ所ある系列ホテル・旅館にご案内します。

ロイヤルシティホテルロイヤルシティホテル
宇部空港から一番近いホテル!!セミダブルベッドでゆったりお過ごし下さい!!
関連記事