紺のネクタイ

2008年03月19日 20:18



旅の服装は専らカジュアルですが それなりの場所に行ったり
カッペが知ったげに東京に出てオペラ鑑賞となると、やはりタイドアップという事になります。

私自身 男のスーツ=紺かグレーで決まりと思っており
必然的にネクタイは 紺ベースの物を中心に選んでしまいます。
しかも紺のタイも レジメン、ペーズリー、無地、水玉といったベーシックなものばかり。
そうしておけば、ビジネススーツとカジュアル向きスーツのいずれも対応できます。

最近はメンズのシャツもお洒落になってきましたから シャツで遊んでおり
デゥエボットーニ、トレボットーニの クレリックやラウンドカラーなど
凝った物を楽天市場等ネットで捜しまくっては購入しています。
ゼニアのシャツの影響を受けているのか 最近のシャツはボタンも分厚いし
縫い糸も色糸を使用していたりと 選ぶのが愉しいですよね。

シャツはネクタイの色柄に含まれた色なら 大体なんでも似合います。 
ネクタイを 紺のベーシックな柄にしておき 
こんなのをどっさり持ってると ビジネスでも 子供の入学式でも
小洒落たビストロでの食事でも 死ぬまで何も迷う事はありません。

“擦り切れるほど締めた超お気に入り”はありませんが、菱屋なきいま
究極の完成度を誇るネクタイというのがあれば 教えて欲しいなあ。



関連記事