松山駅

2008年04月15日 05:46



愛媛県松山市 JR松山駅の風景です。松山驛と書かれてある所が味がありますね

正岡子規・柳原極堂・高浜虚子・河東碧梧桐・中村草田男・石田波郷
など数多くの文学人を生み、
自身も近代俳句の都として市民が日頃俳句と歴史に親しむ素敵な町
現存十ニ天守に数えられる松山城と、日本最古の温泉 道後温泉。
四国観光では外す事の出来ない松山市ですが
鉄道開業時に松山市が市街中心部への鉄道引込みを拒否したので 
その玄関口松山駅は 繁華街から西に外れた所にあり 意外と小さな駅なのです。



ホームは2面3線しかありませんが 短編成である事を利用して平面接続にしています。
(同一ホームを前後に分け 右側を岡山高松方面 左側を宇和島方面)
予讃線は松山から約10km南郊の伊予市まで電化されています。



県庁所在地代表駅のJR線の駅で ホームが3線しかないのは
松山駅と山口駅だけなのです。(高知駅は最近高架駅になったため)
それでも松山運転所(車両基地)や貨物駅(貨物列車は1日1本のみ)置かれています。



高知行きJRバスが駅前から連絡しており 
山口県岩国に住む私は高知行く際は以前よく利用しました。
(最近は広島~高知が高速バスが結ばれたので 利用する事はありませんが)

松山都市圏の通勤旅客流動ではでは伊予鉄が大きな比重を占め
JR松山駅は 南予、東予ほか中長距離客のみ使用するという雰囲気がありますね。 



それでも駅前にニセ吉野家みたいな 中野家がありますし
バッティングセンターもありましたよ(笑)

PS 桜の季節というのに 桜と全く関係ない記事で済みません。
今日は長男の高校入学式なのですが 
実はこの一ヶ月間 多忙により日記は30日前から予約投稿してばかりなのです。
ネット接続も殆どする暇がなく 実のところ 記事は1月、2月に書き溜めていたものばかりでした。
また余裕が出来れば 時節柄に合わせた記事を投稿していきます。


国鉄 ふるさとの駅『松山駅』 200 円 /楽天ダウンロード

関連記事