安いステーキ

2008年01月29日 05:56



国内で美味しいステーキが安く食べられる場所は
“アメリカのある所 消費文化栄ゆ”と云われた
米軍基地周辺や、沖縄・那覇の辻あたりが昔から有名ですが
私の地元近くにも 格安でステーキが食べられる所があります。

広島県大竹市の「レストランみなと」へ行くと“ステーキ祭”と称して
950円で上写真の200gサーロインステーキが食べられます。
那覇市辻のステーキ屋は、「Aサイン」とか米統治時代の雰囲気や
歴史も味わいながら安価に食べる事が出来ますが
それを差し引いても 沖縄のステーキより安いので 気に入ってしまい
平日休みの時など 息子に内緒で(爆)結構食べに通っております(アー言っちゃった)

ここは ステーキ専門店ではなく 定食もある普通のレストランで
2階は結婚披露宴会場ともなっています。
減価償却とっくに済んだような店舗で(笑) 手広く支店を展開することなく
長く営業しているので メニューを安く提供出来るのでしょう。

若者ウケするお洒落な雰囲気は皆無ですが(失礼)
ナイフとフォークが 今どきペーパーに包まれているのも
なんだか懐かしい気がして嬉しいのです。

ステーキは 厳選した和牛を使ってますとの事ですが
950円だけに繊細な味はしないものの 
200gありますから 横にはみ出そうな肉片に 歯応え充分な厚みがあり
なかなかジューシー。ライスとサラダも付きます。



マクロで接写してみましたが シズル感は伝わってきたでしょうか?

私は 外側がこんがりとなって 内側がナマでありすぎないミディアムレアが
牛肉の持つ味を過不足なく味わえる最良の状態と思っています。
肉の中まで充分に焼けたウェルダンでないと安心して食べない人もいますが
ウェルダンには味の軽妙さがないのではないかと。(食べる人の好みですが)




最近はステーキ屋も HPやBlogを持っている所がありますが
やはり店には「私はこうやってこの素材を吟味してある」とか
「調理法に関するウンチク」「色々食べ歩いて研究した私なりの味」
といったオーナーのコダワリがある筈で それを読みたいですよね。
それが ステーキ屋Blogで 退屈な“主婦の日記”ばかり読まされても 
何だかなあという感じ。「この人の散財の為 客は高い飲食費払うのか」と(笑)。
ならば安い店行った方がマシと思うのが本音です(^^)。

まぁそうは言っても私自身が典型的な“貧乏舌”なので 
HPやBlogで食べる所を紹介しても安い所が多数ですが....(汗)



レストランみなとの外観と店内の様子です。ファミレス並みに店内は広いです。
普通の食堂みたいに 雑誌など置いてあるのが気楽で好ましいですよね。

なお、ステーキ食べた後で ぶらり探訪を愉しみたいという向きには
すぐ近くに“亀居城址”というスポットがあり
もちろん当Blogの 2006/9/2の記事で紹介しています。(桜の時期がベストです)。

■夢の極厚ステーキも和牛サーロインブロック肉600g
/食品のネットスーパー・さんきん

■  コノスル カベルネ・ソーヴィニヨン レゼルバ 750ml
/オーケストラワインショップ
関連記事