四天王寺

2008年03月15日 06:09



大阪市内の定期観光バス 午後コースの便に乗ると
必ず立ち寄る観光名所「四天王寺」
大阪の絵葉書を買うと 必ずここの写真が含まれている事も思い出し
早速立ち寄ってみました。







なにわ紀行に相応しい名所だけに 日本最古の大寺で
聖徳太子が 大阪のこの上町台地に593年(推古元年)建立しました。
四天王寺様式と呼ばれる伽藍配置
(南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に並べ、
それを回廊が囲む形式)が特徴となっています。

四天王寺は国宝の宝庫であり 6つもあります
 扇面法華経冊子、
 懸守
 丙子椒林剣
 七星剣
 四天王寺縁起
 金剛威奈大村骨蔵器
それ以外に重要文化財も多数収蔵されています。








人口密度が高く賑やかな大阪の町中で この四天王寺は静かな空気が流れ
落ち着く事ができました。
四天王寺参道もあり 並ぶ店舗構成がそうさせるのか
東京・巣鴨の通りほどじゃないけれど 
歩いているのはお爺さんお婆さんが多い所です。
大阪もこんな所あるんだね と思い出しました。


転法輪(仏教の象徴)          付近で食べる大阪のきつねうどんは美味い


■『後世に伝えたい文化遺産 珠玉の仏教美術(DVD)』/コロムビアファミリークラブ
■勝負運向上ブレス/アートメモリー
■赤メノウ勝負運向上ブレス念珠/アートメモリー
大阪・四天王寺周辺の宿泊施設をネットでお得に予約できます。

関連記事