吉野ケ里遺跡 【旅と写真】

2008年01月03日 06:10



昨日の北海道ネタとは打って変わって九州ネタです。
佐賀県の吉野ケ里遺跡 皆さんは足を運ばれたことはありますか?

佐賀県神埼市と神埼郡吉野ヶ里町にまたがる丘陵地帯に この遺跡はあり
弥生時代600年間の全時期、さらに古墳時代の集落跡などが発掘され
ムラからクニの中心集落へと発展する過程が理解出来る遺跡です。

この遺跡は今から17年前の 平成3年に特別史跡に指定され
平成4年から 国営吉野ヶ里歴史公園として整備保存が始まり
平成13年春 第一期開園で復元施設が公開されています。
平成19年秋には 隣接する吉野ヶ里歴史公園と一体的に利用できる公園となりました、



東入口側の歴史公園センター
吉野ヶ里公園のインフォメーションセンターといえる場所で
総合案内、券売所、売店、レストラン、ガイダンスルーム 多目的ホールがあります。
レストランでは 吉野ヶ里の古代赤米を使った雑炊を試してみるのも
良いお土産話になるかもしれません。



逆茂木(乱杭)
米作が盛んになると 水や土地を奪う争いが起き始めましたが
自分達の集落を防衛する為 集落入口など重要な所に造ったバリケード。



南内郭
環壕 城柵 物見櫓などで厳重に守られた
吉野ヶ里の支配者層が居住していた場所を再現しています。



環壕
集落を外敵から守る壕で 外壕と内壕があります



物見櫓(左右の高い建物)
敵の見張りや 集落の偉容を示すシンボル的な役目を持ちます
この遺跡では高層の建物へ上ることも出来 展望を楽しめます。



北内郭
吉野ヶ里を中心とするクニ全体の 
最も重要で神聖な場所と考えられていたエリアを再現しています 
それと“政が行なわれていた中核”といえる場所でもあります。



倉と市
盛大な市が開かれた交易の中心地を再現しています。



展示室
遺跡から発掘された甍棺 農具 武器など出土品が展示され
30分程度の吉野ヶ里遺跡紹介ムービーが放映されています。
遺跡に関する書籍コーナーやジュース自販機などもあります。




写真右上(白のダウン)は私の長男です。
このような遺跡では日本最大級だけに 一周すると1万歩は歩いていました。
一度見たらもう充分といった感じで リピーターが育ちにくいのが難点かも?!
私達親子が行った時には観光客もほとんどいなかったです。
公園内の随所に土産屋でもあれば 活気も出るのでしょうが
遺跡公園だけにそれが似合わないのは否めません(失礼)。

それでも古代の風や文化・文明の時を体感したり 
歴史の始まりや 日々の営みを支えた始まりを学ぶなら最高の施設です。
弥生時代の貫頭衣を無料で貸し出しているので 
できれば家族やカップル同士で着てみて遺跡を見学し
互いに「似合わねえよ(笑)!」とツッコミ入れて
騒ぎあうのも面白いかもしれません。

このBLOGは 私の旅の速報版ですので 簡単な紹介にとどめましたが
メインサイト「ぶらり探訪」の次の更新では、 
豊富な写真と詳細情報をお届けします。


吉野ケ里遺跡/楽天ブックス
遺跡と発掘の社会史/楽天ブックス
弥生の村/楽天ブックス
日本最古のお茶を使った風味豊かな佐賀吉野ヶ里の“栄西半生茶そば”セット。なんと幻の柚子胡... /和日茶日和
吉野ヶ里温泉ホテル 魅力的な自然と歴史。安らぎと、ときめきが交差する。
関連記事