工場萌え

2007年11月12日 06:00



写真は山口県周南市の工場地帯風景で 周南大橋より撮影しました。

最近 近代的な産業や土木の構造物を対象とした写真集が刊行され
静かなブームとなっているようです。
メジャーな所では
「工場萌え」「東京鉄塔」「恋する水門」「ダム」が挙げられますが
皆さんは何れかご覧になったことはありますか?

工場地帯の風景など 素人目にはどうみても無味乾燥&無粋な存在で
景観的には退屈以外の何物でもなく、何でこんなのがウケるのか
私にはよく解らなかったのですが、
最近では
“機能だけを追求した結果生まれた意匠にも美がある”
“住環境が美化した平成の世にあって 煤煙ですら高度成長期の繁栄のシンボルで
 そういうのが逆に、景観として懐かしくなってきた”
といった所に静かなブームの要因があるのでしょう。

友人に言わせると 殆どが山の中を走っている山口県内の山陽新幹線にあって
新幹線が徳山を通過する時の海側のコンビナート風景は
「夜見たらサイバーパンクと言え、萌えるものがある」そうなんですよね(笑)。 



単なる形に美を見出したり あらゆる物が景観になるのだなァと
再認識した次第です。
幸いにも山口県の瀬戸内海側は 和木町から岩国市、周南市 防府市 宇部市など
重化学工業都市が林立しています。
躍動する山口の工業都市を記録する意味で
そういうのを撮り歩いても面白いかもしれません。

■工場萌え/楽天ブックス

■東京鉄塔/楽天ブックス

■恋する水門/楽天ブックス

■ダム/楽天ブックス
関連記事