天空の散歩道 九重“夢”大吊橋

2007年08月24日 05:58



大分県玖珠郡九重町の山奥に架けられた一本の吊橋に 
全国から多くの観光客が殺到しています。
開通後から最近までは 休日ともなると順番待ちの長い列が出来
周辺の道路も渋滞になっていたそうです。

橋の名称は 九重“夢”大吊橋(ここのえゆめおおつりばし)
2006年10月30日に開通しましたが 開通から10ヶ月近くを経て
私が行った時は かなり落ち着いていました。
それでも駐車場には、九州や本州近県ナンバー車が集まっていました。



この橋は 九酔渓という渓谷を跨ぐ歩行者専用の吊り橋で 
高さ173m、長さ390m もちろん日本一の高さと長さを誇ります。
(高さ173mは、下関の海峡ゆめタワーより30mも高い)

橋の渡橋料(往復)は500円 鋼鉄のワイヤで吊り下げられた橋は
がっしりとした安定感を感じさせますが 歩くと揺れますし
風でもやはり揺れます。幅は1.5メートルで狭いですし....。
雄大な風景は楽しめても デジカメ撮影しながら渡る余裕のなかった私は
やっぱりビビリといえるでしょうか(笑)。



それでも怖い人は少数派ではないようで
戻って来られない方の為のシャトルバスも運転されています(笑)。

九重“夢”大吊橋ブログ(最新情報は↓こちらを) 
http://kujuaid.blogcoara.jp/yumeturibashi/

ここ九重“夢”大吊橋は 大分県のやまなみハイウエーのすぐ脇の位置にあります。
湯布院、飯田高原、長者原 久住そして阿蘇と見所が大変豊富です。


★湯布院・くじゅう・日田・天瀬・竹田の宿泊施設をネットでお得に予約出来ます。
関連記事