太鼓谷稲成神社

2007年08月11日 06:00



一昨日と同様 津和野特集で 
日本五大稲荷の一つ“太鼓谷稲成神社”をご紹介します。

稲荷神社は全国で約4万社ありますが 「稲成」と書くのは
ここ津和野の太鼓谷稲成神社のみとなっています。
何故かと申しますと“大願成就の祈りが込められているから”だとの事です。
商売繁盛、開運厄除の神として知られます。

津和野藩7代藩主亀井矩貞が 安永2年(1773年)、藩民安寧のために
京都の伏見稲荷大社から勧請を受けて、
津和野城の鬼門に当たる東北側の 太皷谷の峰に社を創建したのに始まります。
明治時代になると 庶民も参拝できるようになり、
中国地方有数の稲荷神社となりました。

大祭は2月初午、春の5月15日、秋の11月15日で 
西日本各県から多くの参詣者を集めています。





太鼓谷稲成神社は城山の中腹に位置しています。クルマでも登れますが、
奉納された朱色の鳥居がトンネルのように参道に立ち並び 壮観ですので
ビギナーの方には 歩いて登る事をお薦めします。
きっと津和野の旅の良い思い出となる事でしょう。



境内からは 山陰の小京都・津和野の町を一望できます。
私自身は ここから見る山口線のSLと汽笛の音が印象深く残っています。
あと、麓の美松食堂のいなり寿司が美味いんですよね。
ここは人の多い時期に行くと行列が出来るほどの人気です。


■評伝森鴎外/楽天ブックス

■オーベルジュ 四季の詩/楽天トラベル
青野山と津和野の町並を見渡せる高台にあり、目の前をSLが走る心やすらぐ”泊まれるレストラン”

■津和野温泉宿 わた屋/楽天トラベル
当地唯一の温泉宿で館内は全て畳敷き、たたみの湯・ヒノキの湯・貸切露天風呂など6つのお湯が楽しめます。

■和風 津和野ロッジ/楽天トラベル
露天風呂のある宿
関連記事