とことこトレインの旅

2007年07月12日 06:01



家族で行ける安価な近場の異空間 いい所ないかな....。

そのような若いお父さんにうってつけなのが 
岩国市錦町の錦町駅からそうづ峡温泉駅までの「とことこトレイン」の旅です。



山口県東部を流れる錦川沿いには「旧国鉄岩日線」の第3セクター転換路線「錦川鉄道」があります
前身の「旧国鉄岩日線」は岩国と島根県の日原を目指して結ぶ予定でした。
 
 昭和38年(1963)に南半分の岩国~錦町は開通したものの、
旧国鉄の赤字が深刻化する昭和50年代に入ると 錦町以北の工事は途中で凍結
中でも県境を越えて島根県六日市までの16キロは、トンネルや路盤がほぼ完成したまま放置されていました。

 しかし2002年になって、錦町は途中の名所である雙津峡温泉まで未成線部分の約6kmを
岩日北線記念公園として整備し、遊覧トロッコ列車を走らせるようになりました。



列車は、2001年山口きらら博が行われた際に「きららトレイン」として使われたもので
実質的にはゴムタイヤの客車を牽く自動車ではありますが
土日祝のほか 春休みと夏休みは毎日、錦町駅~雙津峡温泉駅の間を一日3往復しています。



時刻は 
    錦町駅発が 10:00、12:30、14:10
 雙津峡温泉駅発が、10:50、13:20、15:00
 料金は片道大人600円、小人300円
 錦川清流線と併せて利用した場合は 大人500円 小人250円(2007/7現在となります)

 列車の定員は1編成55人(2編成で110人)
積み残されるというケースは 余程の事が無い限り まずないと思います。


 
最大の見所は 錦町駅を出て最初の「きらら夢トンネル」で
6色の光る石を使って 山口県内の大学生や、地元の小学生、幼稚園児が制作しました。
列車はトンネルの中で停車しますので 写真撮影などをすることも出来ます。





 錦川の支流宇佐川沿いの清らかな景観の中、片道約6kmを40分かけて(時速7km)、
のんびりと楽しい遊覧の旅ができます。
季節を彩る 沿線の夏の花としては ムクゲ、夾竹桃、アベリアなどがあります
雙津峡温泉に浸かって 次の便で帰る事もできますし 
「とことこトレイン」は夏休みの良い思い出となる事でしょう。


とことこトレインの切符です。(※写真は以前のものなので切符の料金が2007年とは違います)


宿泊は錦川鉄道起点 岩国駅付近のホテルが便利です。下記よりネットでお得に予約可能!

■岩国プラザホテル
朝食(パン・コーヒー・サラダ)は無料サービス。全室から高速インターネットへ無料接続。

■シティホテル安藤
岩国駅に近く市の中心にあり、清潔で整った設備を低料金で。

■岩国ビジネスホテル&スパ
健康をコンセプトに人工ラジウム温泉大浴場付帯の新ホテル。 全室「光高速インターネット接続」無料!

■ホテルアルファーワン岩国
快適なご宿泊をお約束いたします。ホテルアルファ‐ワンで心を癒すひと時をお過ごし下さいませ。
関連記事