100円のコミュニティバス

2007年07月10日 06:03



バス離れが進む昨今、2~3kmの近距離を気軽に利用できるように
各地に100円のワンコインバスが増えて数年になりますね。

暑い夏 少し歩くにはしんどい という距離を
このような100円バスを利用するのはお薦めで
小回りの効く運用の出来る小さな都市だけかと思いきや
大阪や横浜、福岡などの大都市にもあります。

都市によって形態はさまざまで
岩国の100円バスは専用の車両を用意し、地域密着型で市役所や公共施設、大型病院を回り
住宅団地の中もコンビニエンスな走りをしています。
そうかと思えば松江のような 車体に100とイラストで描かれた(写真参照)
観光・生活折衷型のもの、
福岡のように  博多駅~街の中心である天神 の区間設定型、
横浜のように、レトロ調車両で赤レンガ倉庫~中華街~港の見える丘公園 の観光地循環型。
と、私が知るだけでもいろいろあります。


(上写真:島根県松江市 JR松江駅前)

速さでは 地下鉄やJRに軍配があがるものの、
生活や観光に役に立つ、地域の100円バス
大型時刻表にもダイヤ記載が無く 当地で初めて見知ったという方も多いのでは。
暑い時期に、こまめに停まってくれる安いバスは街歩きの良い味方ですね。

■路線バスの現在・未来 PART2(ブックガレージ)

関連記事