梅雨時分が美味しい宮島のアナゴめし

2007年06月27日 06:00



宮島近海で獲れるマアナゴは、
脂が多すぎず 噛めば噛むほど味わいがあると言われますが
それを蒲焼にして甘めのタレにからめご飯の上に敷き詰めた
宮島名物アナゴめしは、カキと並んで広島を代表する味覚といわれています。

宮島の島内や宮島口付近には アナゴめしを食べさせてくれる店が軒を並べ
日曜祭日には 行列ができている人気店もあります。
店によっては 下のご飯が白飯だったり炊き込み御飯だったりしますが
お薦めは 親交サイトの宮島のOzさん(OzSalon☆厳島散策)によると
宮島の「ふじたや」が一番だとか。Mapはこちら

カキと違って アナゴには旬はないのですが
食通に言わせると 夏の産卵前にエサを溜め込む梅雨時分が美味しいようです。
そしてアナゴのエサになるゴカイと小エビは、
広島デルタ河口の浅瀬や広島湾のカキの養殖用の筏に多く棲息している為
ここがアナゴの好漁場となったようです。








宮島・廿日市の宿泊施設をネットでお得に予約できます。


広島が育てた美味しさ♪地穴子丼
広島発 食べにきん菜屋

世界文化遺産の島宮島を楽しむ
楽天ブックス
関連記事